ページの先頭です

報道発表資料 新普通科系高等学校の校名の決定について

2020年5月7日

ページ番号:501501

問合せ先:教育委員会指導部高等学校教育担当(06-6208-9108)

令和2年5月7日 13時発表

 大阪市教育委員会は、令和4年4月に開校を予定している新普通科系高等学校の校名を下記のとおり決定いたしました。

 新普通科系高等学校は、府内の公立高校では初めての教育系の専門学科「教育文理学科(仮称)」を設置し、教員をはじめグローバルな視点から教育に係る様々な課題に対応できる人材を育成する学校です。

 この学校の校名については、令和元年10月1日から11月30日までの期間、広く校名案を募集(令和元年9月25日報道発表済み別ウィンドウで開く)したところ、342件のご応募をいただき、教育委員会で決定したものであり、市会における関係条例の決議(令和2年5月予定)を経て、正式決定となります。

1 校名

桜和(おうわ)高等学校

2 決定理由

 言葉の綺麗な響きとともに、校地の近傍にある大川の桜並木の「桜」と令和の「和」ならびにチーム学校の和を想起させ、「教育コミュニティの醸成」という新普通科系高等学校の設置理念と合致し校名にふさわしいことから、桜和高等学校と決定しました。

探している情報が見つからない