ページの先頭です

報道発表資料 大阪市立学校における借地料の支払事務の遅延及び遅延損害金の発生について

2020年10月6日

ページ番号:515840

問合せ先:教育委員会事務局 総務部 施設整備課(06-6208-9084)

令和2年10月6日 14時発表

 大阪市立学校敷地の賃借地における、令和2年7月分の借地料の支払いについて、事務遅延とそれに伴う遅延損害金が発生することが判明しました。

 このような事態が発生し、市民の信頼を大きく損なうことになったことにつきまして、深く反省いたしますとともに、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申しあげます。今後はこのようなことが起こらないよう再発防止に努めてまいります。

1 概要と事実経過

 当該学校は、敷地の一部が私有地となっているため、契約に基づいて土地を4者から借用しており、契約者それぞれに借地料を毎月支払っています。

 令和2年8月7日(金曜日)に、契約者(4者のうち1者)より、当該学校の借地料の入金が確認できない旨の連絡がありました。担当内で確認したところ、本来であれば7月31日までに支払うべき借地料(7月分)の支払手続ができていないことが判明しました。また、8月11日(火曜日)に、契約者から支払遅延による遅延損害金(以下、「遅延損害金」という。)を求められました。

参考
  • 7月分の借地料

(契約者A)4,211,480円  (契約者B)1,834,948円
(契約者C)917,474円  (契約者D)917,474円

  • 遅延損害金

(契約者A)4,487円 (契約者B)1,955円
(契約者C) 977円 (契約者D) 977円

2 判明後の対応

 令和2年8月11日(火曜日)に契約者4者に架電し、経過の説明と謝罪を行い、7月分の借地料については、8月13日(木曜日)に支払いを完了しました。遅延損害金については、支払い方法等を内部で調整のうえ9月24日(木曜日)に、支払金額と今後速やかに支払う予定である旨を契約者に説明し、ご了承いただいております。

3 原因

 当該学校の賃借地の借地料については、毎月月末までにその月の借地料を支払う契約となっていましたが、担当職員が処理を失念したこと、及び複数人によるチェック体制をとっていなかったことが原因です。

4 再発防止

 支払期限や事務処理の進捗状況等について、複数人がチェック可能な支払いに関するリストを作成し、今後、事務処理漏れや遅延が発生しないように再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない