ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大阪市立図書館が第6回図書館レファレンス大賞の公益財団法人図書館振興財団賞を受賞しました!

報道発表資料 大阪市立図書館が第6回図書館レファレンス大賞の公益財団法人図書館振興財団賞を受賞しました!

2020年11月4日

ページ番号:517567

問合せ先:大阪市立中央図書館 利用サービス担当(06-6539-3326)

令和2年11月4日 17時発表

 大阪市立図書館は、第6回図書館レファレンス大賞別ウィンドウで開くの公益財団法人図書館振興財団賞を受賞しました。

  「レファレンス」とは、利用者からの質問に対して、図書館資料に基づいて調査・回答を行う図書館サービスの大きな柱の一つです。

  「図書館レファレンス大賞」(主催:レファレンス大賞実行委員会、後援:文部科学省・公益社団法人日本図書館協会、協賛:公益財団法人図書館振興財団)は、レファレンスサービスの利用を多くの人に広げ、その理解を深めることを目的として、図書館関連で最大のトレードショーである図書館総合展で実施されるもので、図書館及び図書館利用者が体験したレファレンスサービスの質問・回答の事例やレファレンスサービスの利用促進を図る取組事例を募集し、審査により優れた事例を表彰するものです。

 大阪市立図書館は、「コロナ禍でもできることから!― レファレンス周知に向けた取り組み ―」にて表彰を受けました。今回の表彰を受け、大阪市立図書館では、コロナ禍のような図書館を利用しにくい状況にあっても、その取り組みを市民に広く周知するように努め、引き続きレファレンスサービスの利用推進に取り組んでまいります。

1.取組の概要

取組名

「コロナ禍でもできることから!― レファレンス周知に向けた取り組み ―」

取組内容

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、大阪市立図書館は令和2年(2020年)3月2日から5月15日までの間、臨時休館しました。臨時休館中も電話等でのレファレンスは受け付けており、休館中に回答したレファレンス事例の公開や、来館せずに活用できる図書館機能をホームページ等で紹介するなど、レファレンス周知に向けた取り組みを実施しました。

(1)レファレンスサービスの周知
  1. COVID-19関連のレファレンス事例を、レファレンス協同データベース別ウィンドウで開くに登録、公開
  2. ビジネス講座や読み聞かせなどを配信する、動画配信を活用したPR
(2)自宅等から使える電子図書館機能の周知
  1. 臨時休校中の子どもたちへの電子書籍活用のPR
  2. Twitterと連動したデジタルアーカイブのPR

2.受賞機関

大阪市立図書館

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大阪市立図書館が第6回図書館レファレンス大賞の公益財団法人図書館振興財団賞を受賞しました!