ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 ピースおおさか ”大阪空襲で亡くなられた方” の情報募集と大阪大空襲 平和祈念事業及び映画上映会の開催について

報道発表資料 ピースおおさか ”大阪空襲で亡くなられた方” の情報募集と大阪大空襲 平和祈念事業及び映画上映会の開催について

2021年1月19日

ページ番号:524396

問合せ先:公益財団法人 大阪国際平和センター(06-6947-7208)

令和3年1月19日 14時発表

同時資料提供:大阪府政記者会

 公益財団法人大阪国際平和センター(ピースおおさか別ウィンドウで開く)では、引き続き ”大阪空襲で亡くなられた方” の情報を集めています。また、大阪大空襲の平和祈念事業をはじめ、現在開催中の特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」に関連した映画上映会を開催します。

大阪空襲で亡くなられた方の情報を集めています

 第二次世界大戦末期、50回を超える空襲により、大阪では約1万5,000人の犠牲者が出たといわれています。

 爆撃機B29が100機を超える大規模な空襲は8回あり、その第一次となるのが昭和20年3月13日深夜から14日未明にかけての大空襲です。この日だけで、4,665名(行方不明の方を含む)の尊い命が奪われました。

 ピースおおさかでは「大阪空襲死没者名簿」を保管し、館内で展示するとともに、名簿の追加登載および訂正申請を随時受け付けています。

 名簿の情報は年度ごとに更新しており、令和2年3月現在で9,117名の氏名などが判明しています。

 館内には、大阪空襲死没者を追悼し平和を祈念する場「刻の庭」もあり、モニュメント内部には大阪空襲で亡くなられた方の氏名が刻印されています。

 「刻の庭」の銘板は、氏名が一定数集まれば追加を行っており、令和3年に約10年ぶりに更新する予定です。令和3年3月末までに名簿への追加登載または訂正を申請された氏名が、銘板更新時の追加対象となります。

 大阪空襲で亡くなられた方にお心当たりがある場合は、ピースおおさかまでお問い合わせください。

 また、銘板更新をはじめとした「刻の庭」の整備・維持、当館で開催している特別展や企画事業などは、寄附金(平和寄金)をもとに実施しており、平和寄金へのご寄付も随時受け付けております。詳細については、添付のPDFファイル「大阪空襲で亡くなられた方の情報を集めています 「平和寄金」へのご寄附のお願い」をご覧ください。

大阪空襲で亡くなられた方の情報を集めています 「平和寄金」へのご寄附のお願い

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

大阪大空襲 平和祈念事業「戦争と音楽 ~ Trio Veil レクチャーコンサート ~ 」

 Trio Veilによる、エルガー「愛の挨拶」、カッチーニ「アヴェ・マリア」の演奏のほか、テーマに沿って作曲家たちを深く掘り下げて紹介します。

 「Trio Veil(トリオベール)(注)」とは、平成22年に出会い、意気投合し、同年に初めてコンサートを開催して Trio Veil としての活動を開始しました。ピアノトリオとしては珍しい「2本のヴァイオリンとピアノ」という編成の作品にこだわり、その魅力を伝えるべく積極的に演奏活動を行っています。国内でのコンサートは元より、平成22年にはポーランドでの海外公演も行うなど国際的な活動を展開しており、今後の活動にも大きな注目が集まっています。平成29年1月には待望のファーストアルバム Trio Veil ”The First Selection” を発売しました。 

 (注)Trio veil (トリオベール)とは3枚の美しい白い花びらからなる”ブライダル ベール”という花の名前にちなんで名づけられました。

開催日時
令和3年3月14日(日曜日)14時から16時
会場
ピースおおさか 1階講堂(大阪市中央区大阪城2番1号
対象
どなたでも
申込方法
お電話にて
定員
先着140名
参加費
無料(ただし、入館料が必要)

大阪大空襲 平和祈念事業「戦争と音楽 ~ Trio Veil レクチャーコンサート ~ 」

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

ウィークエンド・シネマ ~ 特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」関連作品 特別上映 ~

 毎週土曜日の映画上映会「ウィークエンド・シネマ」は現在開催中の特別展「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」の開催にちなみ、関連作品を特別上映します。
2月上映作品「ヒトラーへの285枚の葉書」
 第二次世界大戦中、ナチス政権下のベルリンで、ペンと葉書だけを武器に命懸けの静かな抵抗運動に身を投じたドイツ人夫妻の運命を描いた人間ドラマ。(103分 日本語字幕)
3月上映作品「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」
 「イギリスのシンドラー」と呼ばれたニコラス・ウィンストンの足跡と人生を追ったドキュメンタリー。(101分 日本語字幕)
開催時間

2月及び3月の毎週土曜日14時から

会場
ピースおおさか 1階講堂(大阪市中央区大阪城2番1号
申込方法
申込不要(当日先着順)
対象
どなたでも(小学生以下は保護者の方と同伴)
参加費
無料(ただし、入館料が必要)

ウィークエンド・シネマ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

その他

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
  • 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じつつ、開館しております。詳細については、ピースおおさかのホームページ別ウィンドウで開くをご確認ください。
  • 入館の際は、入口に設置している検温計にて検温を行ってください。また、出来る限り、大阪コロナ追跡システムの二次元コードから利用者登録、国の接触確認アプリ「COCOA」のインストールをお願いします。来館の際は必ずマスクをご着用ください。体調不良の方のご来館はお断りさせていただきます。来館の際のご協力いただきたい事項については、ピースおおさかのホームページ別ウィンドウで開くをご確認ください。
  • 今後の状況によってはイベント内容に変更が生じる場合がございます。ご来館の際はピースおおさかのホームページ別ウィンドウで開くで最新情報をご確認ください。

ピースおおさかのご案内

大阪大空襲を語り継ぐ平和ミュージアム
ピースおおさか建物写真

連絡先

〒540-0002 大阪市中央区大阪城2番1号
電話:06-6947-7208   ファックス:06-6943-6080
ホームページ:http://www.peace-osaka.or.jp/別ウィンドウで開く

開館時間

9時30分から17時まで(入館は16時30分までです)

休館日

  • 月曜日
  • 国民の休日の翌日(9月から11月までを除く)
  • 年末・年始(12月28日から1月4日まで)
  • 館内整理日(所定月の月末)

(注)但し、国民の休日の翌日及び館内整理日が土曜日または日曜日にあたるときは、翌火曜日になります。また、臨時休館する場合があります。詳しくはピースおおさかのホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

入館料

大人 250円  高校生 150円  小・中学生以下 無料
65歳以上の方・障がい者手帳等をお持ちの方は無料(証明する手帳等が必要となります)

アクセス

JR大阪環状線、Osaka Metro森ノ宮駅下車 西へ約400メートル

駐車場はありません

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 ピースおおさか ”大阪空襲で亡くなられた方” の情報募集と大阪大空襲 平和祈念事業及び映画上映会の開催について