ページの先頭です

報道発表資料 大阪市立大阪城音楽堂におけるトイレでの閉じ込めについて

2022年5月24日

ページ番号:567569

問合せ先:教育委員会事務局 生涯学習部 社会教育施設担当(06-6539-3341)

令和4年5月24日 15時発表

 大阪市立大阪城音楽堂(以下、「音楽堂」という。)のトイレにおいて、観客が閉じ込められる事案が発生しました。これにより、観客にけがなどはありませんでした。

1 発生日時

令和4年5月22日(日曜日)22時55分頃

2 発生場所

音楽堂 西側トイレ(大阪市中央区大阪城3番11号別ウィンドウで開く

3 経過

 令和4年5月22日(日曜日)19時30分頃、NPO法人が主催する入場料無料のコンサートが終了し、観客の退場をうながすため、音楽堂の指定管理者のスタッフ(以下、「スタッフ」という。)がトイレ内を確認のうえ、一旦トイレ入り口を施錠しました。

 20時15分頃、観客が概ね退場した後、スタッフが主催者の利用に供するため再度トイレを開錠しました。

 21時50分頃、スタッフがトイレを施錠するため声かけを行ったところ反応がなかったため、トイレ及び音楽堂の施錠を行いました。

 22時55分頃、観客から東警察署に「音楽堂のトイレから出られなくなった」と通報があり、駆け付けた警察官から大阪城公園内巡回中の指定管理者の警備員に対応が引き継がれ、音楽堂及びトイレのカギを開錠し、観客を救出しました。

 観客に、けがなどはありませんでした。

4 原因

 トイレの施錠前の確認において、トイレの各個室内を目視せずに声掛けのみを行い、返答がないことにより、誰もいないものと判断し施錠してしまったことが原因です。

5 今後の対応

 教育委員会事務局といたしましては、指定管理者に対して、音楽堂及びトイレを施錠する際の確認について見直し、施設利用者の安全確保に努めるよう指導してまいります。

探している情報が見つからない