ページの先頭です

報道発表資料 大阪市立小学校における熱中症による児童の救急搬送について

2022年6月10日

ページ番号:569246

問合せ先:教育委員会事務局 指導部 初等・中学校教育担当(06-6208-9152)

令和4年6月10日 18時発表

 大阪市立小学校において、令和4年6月10日(金曜日)の体育の授業後、6年生17名の児童が体調不良を訴え、そのうち1名が救急搬送されました。

 このたびの事案が発生しましたことにつきまして、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損ねることになったことに対しまして、深くお詫び申しあげますとともに、再発防止に努めてまいります。

1 発生場所

大阪市立鷺洲小学校(大阪市福島区鷺洲5丁目6-8

2 概要と事実経過

 令和4年6月10日(金曜日)、1時間目に、6年生2学級(在籍計76名 授業参加70名)による合同体育の授業で、リレーを実施した後、教室での学習中に17名の児童(男子9名 女子8名)が体調不良を訴え、そのうち男子児童1名が11時ごろ救急搬送されました。

 その後、救急搬送された当該児童は、受診の結果異常なしと診断され帰宅し、その他16名の児童も、保健室で休養後復調しました。

 なお、体育授業時に、児童へマスクを外すよう指示しておらず、救急搬送された児童はマスクを着用していました。

3 発生後の対応

 搬送先の病院で、当該児童は点滴及び血液検査等を実施した後、異常なしと診断され、保護者と帰宅しました。

 また、体調不良を訴えた16名の児童は、給食時間までに復調し、教室に戻りました。16名の児童の保護者に、事案の経緯について説明したのち、3名の児童が保護者付き添いのもと早退しました。

4 再発防止について

 教育委員会といたしましては、これまでも、各校に対して、体育時における熱中症防止について指導をしていたにもかかわらず、このような事案を起こしたことについて深く受け止めております。

 当該校のみならず、全市立小中学校に対し、体育の授業時及び運動部活動時等における、熱中症事故防止の取組として児童にマスクを外すように指示することを、改めて周知徹底してまいります。

探している情報が見つからない