ページの先頭です

報道発表資料 浪速区役所保健福祉課(生活支援)における生活保護費にかかる事務処理遅延について

2020年2月6日

ページ番号:493918

問合せ先:浪速区役所保健福祉課(生活支援)(06‐6647‐9863)

令和2年2月6日  14時発表

 大阪市浪速区役所保健福祉課(生活支援)において、生活保護費(紙おむつ代等)にかかる事務処理遅延により紙おむつ代等の支給に遅延が発生していることが判明しました。
 このような事案が発生したことを深く反省し、市民の皆さまの信頼を損なったことにつきまして、心からお詫び申しあげます。

1 概要と事実経過

  令和元年12月11日(水曜日)に、ある医療機関より、紙おむつ代等の支払いの請求漏れがないかの問合せが当区保健福祉課生活支援担当にあり、確認したところ、令和元年6月10日(月曜日)に当該医療機関から受領した請求書類について、支払いにかかる事務処理をしておらず、支給に遅延が発生していることが判明しました。また、他に同様の事案がないか調査したところ、他に9件の支給遅延が発生していることが令和2年2月5日(水曜日)までに判明しました。

2 影響額

  • 紙おむつ代 7件 51,636円
  • 文書料(診断書作成料) 2件 14,000円
  • 引越し費用 1件 97,020円

合計 10件 162,656円

3 判明後の対応

 お問合せをいただいた医療機関には、令和元年12月13日(金曜日)に謝罪を行い、今後、紙おむつ代等を速やかに支給する予定である旨を説明し、ご了承いただきました。
 また、他の9件の事案については、順次連絡を取り、事情を説明し謝罪のうえ、紙おむつ代等を速やかに支給する予定です。

4 原因

  紙おむつ代等の事務処理については、課内で定める事務取り扱いに基づき、申請書を受理した時点で各班の担当係長が、すべての申請書をまとめた一覧表を作成した後、各担当職員に申請書を配付し、その担当職員が事務処理を行うこととなっています。
 しかし、一覧表を作成する担当係長が業務繁忙であることを理由に、一覧表を作成しないまま各担当職員に申請書を配付し、処理が終わった申請書のみ反映した一覧表を作成していたため、すべての申請書が処理されているか確認ができない状態になっていたことが原因です。

5 再発防止策

 今後は、処理前の申請書の一覧表を作成していることを上司が点検することとし、受理したすべての申請書が処理されているか確認できるよう事務取り扱いを変更し、申請書の管理を徹底します。

探している情報が見つからない