ページの先頭です

報道発表資料 新今宮駅周辺のにぎわいづくりを考える第3回新今宮まちづくりフォーラムを開催します

2019年12月3日

ページ番号:486328

問合せ先:西成区役所総務課(総合企画担当)(06-6659-9983)

令和元年12月3日 14時発表

 大阪市西成区役所では、令和元年12月11日(水曜日)に、Shin-Imamiya R Project(新今宮Rプロジェクト)(令和元年8月7日報道発表済み)の第3回フォーラムを開催しますのでお知らせします。

 今回のフォーラムでは、西成特区構想事業として初開催した地域密着型イベント「SHIN-IMAMIYA FESTIVAL(新今宮フェスティバル)」の文化フェスティバル(令和元年9月30日報道発表済み)及びにぎわいフェスティバル(令和元年10月25日報道発表済み)の成果報告と、今後の新今宮周辺のにぎわいづくりについて考えます。

第3回フォーラムについて

  新今宮フェスティバルでは、新今宮周辺のホテルや商店街などの店先、空き店舗などを利用してにぎわい創出を行いました。空き店舗、ホテルの軒先や共有スペースを利用したライブパフォーマンスや、飲食出店による演出は、来訪者を引き寄せ、街中に一定の活気を生み出す効果がありました。また、空き店舗、空き家相談の開催では、様々な相談が寄せられ、新今宮駅周辺に魅力があることを実感しました。

 今回の活動をみなさんと一緒に振り返り、今後、新今宮周辺のにぎわいをどのようにつくるのか、国内外からの来街者をターゲットに着地型観光(地域の独自性を活かした、メジャーな観光地では味わえない体験)の展開と、まちのにぎわいを生み出す空きスペース(軒先、空き家、空き店舗)の活用を考えるフォーラムとします。

実施日時

令和元年12月11日(水曜日)19時から21時まで(開場18時30分)

場所

太子中央ビル3階(大阪市西成区太子1丁目4番2号

  • JR新今宮駅から通天閣口(東口)を南方向すぐ
  • OsakaMetro動物園前駅から4号出入口を西方向すぐ、6号出入口を南方向すぐ
定員

40名

入場料
無料
次第
第1部 活動の報告
  1. 新今宮フェスティバルの活動報告
  2. 空き家、空き店舗相談の活動報告
第2部 講演
  • テーマ:訪日外国人向けマーケティング企画のプロセスとポイント~地域のイメージ作りと効果的なプロモーション~
  • 講師:株式会社ダイヤモンド・ビッグ社 メディア・マーケティング事業本部 マーケティング企画部 部長 勝政 直樹氏
第3部 パネルディスカッション

テーマ:国内外からの来訪者をターゲットに着地型観光の展開と軒先などの空きスペースを使った街のにぎわいづくりの可能性

パネリスト

  • 吉田 充男(実行委員会委員長/ウーピー理容院 店主)
  • 松村 嘉久(実行委員会副委員長/阪南大学 国際観光学部教授)
  • 足立 尚樹 (実行委員会委員/ことなび株式会社 代表取締役)
  • 山田 英範(実行委員会委員/ホテル中央 株式会社関西 代表取締役社長)
  • 小田切 聡(事務局/株式会社インプリージョン 代表取締役)
参加申込み方法

必要事項(参加者のお名前、電話番号、所属団体名)をご記入のうえ、事務局(新今宮AIC内)へファックスまたはメールでお申込みください。ちらし裏面に申込みフォームがあります。

ファックス:06-6632-3443

メール:shinimamiyar@gmail.com

新今宮まちづくりフォーラムちらし

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
事務局(委託事業者)

地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業共同企業体(株式会社インプリージョン、大阪府簡易宿所生活衛生同業組合、有限会社ケース(CASEまちづくり研究所))

取材について

  1. 取材を希望される場合は、当日18時までに次のメール又はファックスによりご連絡ください。
    地域密着型エリアリノベーションビジネス促進事業共同企業体
    代表構成員 株式会社インプリージョン
    担当:母倉(ははくら)
    メール:info@impregion.jp
    ファックス:06-6624-8505
  2. 取材受付を当日18時30分から会場で行います。名刺受け又は受付簿への記入をお願いします。
  3. 取材中は必ず自社腕章、社員証(記者証)、又は、「市政記者カード」のいずれかを見えやすいところに着用してください。腕章等を着用しない方の会場入室はお断りすることがありますのでご注意ください。
  4. 報道関係者の方は、受付順に会場に入室いただきます。
  5. カメラ取材は所定の位置でお願いします。
  6. 取材中は、進行の妨げにならないよう、担当者の指示、誘導に従っていただきますようお願いします。

探している情報が見つからない