ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 西淀川区役所窓口サービス課における追完届記載事項証明書の誤交付に伴う個人情報の漏えいについて

報道発表資料 西淀川区役所窓口サービス課における追完届記載事項証明書の誤交付に伴う個人情報の漏えいについて

2019年7月16日

ページ番号:475874

問合せ先:西淀川区役所窓口サービス課(住民情報)(06-6478-9960)

令和元年7月16日 14時発表

 西淀川区役所窓口サービス課において、令和元年6月11日(火曜日)に追完届記載事項証明書を誤交付したため、本来必要のない手数料を負担させていたことが判明しました。

 また、事務処理誤りに伴い、個人情報が漏えいしたことが判明しました。

 このような重大な事態を発生させましたことを深く反省し、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損ねることとなったことにつきまして、深くお詫び申しあげます。

事案の概要

 令和元年7月12日(金曜日)午後1時40分頃、法務局へ帰化申請を行っている方(以下「A氏」という。)の配偶者より連絡があり、A氏の帰化申請の手続きをするために区役所で取得した証明書を、法務局へ提出したところ、一部の証明書が別人だったため、帰化申請の手続きができなかったとの申し出がありました。

 職員が確認したところ、令和元年6月11日(火曜日)に法務局への帰化申請時に必要となるA氏の出生届記載事項証明書を発行する際に、別人の追完届をA氏の出生届の追完届と誤認し、A氏の記載事項証明書と一緒に、誤って追完届記載事項証明書を発行したため、追完届記載事項証明書に記載されている2名の個人情報が漏えいし、また、不要な手数料(350円)を徴収したことが判明しました。

判明後の対応

 7月12日(金曜日)午後2時頃にA氏の配偶者に連絡し、経過の説明と本来は負担する必要のない手数料について、謝罪を行い、出生届記載事項証明書の差替えを郵送でご対応いただくことについてご了承いただきました。追完届記載事項証明書に記載されている2名は謝罪等ができておりませんが、引き続き連絡が取れるように努め、連絡がつき次第説明のうえお詫び申しあげる予定です。

漏えいした個人情報

 氏名・生年月日・住所(2名)

発生原因

 A氏の出生届の次に綴じられていた追完届について、同人の届出書と勘違いしてしまったことが原因です。また、職員の点検も不十分でした。

再発防止について

 外国人の届書記載事項証明書発行時のフローについて再度確認し、点検時のチェック項目についての点検ミスを防ぐよう職員に周知徹底しました。また、点検をする職員の研修を行うなど、再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 西淀川区役所窓口サービス課における追完届記載事項証明書の誤交付に伴う個人情報の漏えいについて