ページの先頭です

報道発表資料 大阪府内におけるヒアリの確認について

2018年6月16日

ページ番号:438896

問合せ先︓港湾局総務部総務課(06-6615-7701)、危機管理室危機管理課(06-6208-9802)、環境局環境施策部環境施策課(06-6630-3209)、健康局健康推進部⽣活衛⽣課(06-6208-9980)

平成30年6月16日 18時発表

同時資料提供︓環境省記者クラブ、⼤阪府記者会

 平成30 年6月15日(金曜日)に大阪府内で発見されたアリについて、専門家による種の同定の結果、6月16日(土曜日)に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されましたので、お知らせします。

 当該ヒアリは、中国の蛇口港を出港し、香港港を経由後、大阪港で陸揚げされ、陸路で岸和田市の事業者敷地に搬入されたコンテナ内において発見されたものです。また、その後、大阪港に返送されたコンテナ内からもヒアリが発見されています。

 発見された個体については、既に殺虫処分を実施しており、発見地点周辺には、殺虫餌(ベイト剤)及び粘着トラップを設置しています。

 昨年6月の国内初確認以降、これまで国内でのヒアリの確認事例は6月16日(土曜日)現在で12都府県、計29事例です。

1.経緯

6月5日

中国の蛇口港から当該コンテナを積載したコンテナ船が出港しました(その後、香港港を経由)。

6月12日

大阪港に入港し、当該コンテナを陸揚げしました。

6月14日

陸路にて当該コンテナを大阪府岸和田市内の事業者敷地内へ移送しました。

6月15日

当該コンテナから積荷を搬出する作業中に、事業者がコンテナ内でヒアリと疑わしい大量のアリを発見したため、環境省近畿地方環境事務所に通報しました。

環境省の調査によると、事業者作業員1名が搬出作業中にアリに2箇所刺され、刺傷部分に腫れと痛みがあったが、医療機関は受診せず、その後、健康上の支障は生じていないとのことでした。

当該コンテナに関して、密閉後に大阪港に返送後、内部を確認したところ、ヒアリと疑わしいアリが残存していることを大阪市及び環境省近畿地方環境事務所が確認しました。

いずれの発見現場についても、環境省近畿地方環境事務所の職員が殺虫処理を実施するとともに、大阪市職員とともに周辺の確認を行い、殺虫餌(ベイト剤)及び粘着トラップを設置しました。

なお、作業中に環境省近畿地方環境事務所の職員がアリに1箇所刺され、痛みはありましたが治まったため、医療機関は受診せず、健康上の支障は生じていません。

6月16日

当該アリについて、専門家がヒアリであることを確認しました。

2.今回確認されたアリについて

 大阪府岸和田市及び大阪市において確認されたアリは、ヒアリの働きアリ、有翅アリ及び蛹(全体で2,000個体以上、うち岸和田市では100個体程度)です。

3.今後の対応

 大阪市及び環境省近畿地方環境事務所が当該コンテナの内部を確認し、コンテナ及び積荷周辺に粘着トラップを設置済みです。引き続き環境省では、発見地点周辺等を中心に調査を実施し、ヒアリを発見した場合には、速やかに殺虫処分するなどの防除を実施することとしています。

 なお、環境省から当該港湾の管理者である大阪市に対して以下の依頼がありました。

 ・ヒアリが確認された貨物を搬送したコンテナ管理者、運搬車両等の事業関係者及び港湾管理者等に当該生物の混入があったことを周知し、他に混入の恐れがないか、さらなる確認を依頼すること

 ・今後、同様のルートで製品を輸入する際に、ヒアリその他の特定外来生物の付着・混入がないよう、事業所、コンテナ保管場所、積み出し港等の状況を把握し、対策を講じること

 ・今後、環境省が実施する調査・防除に協力すること

ヒアリの画像
別ウィンドウで開く

今回確認されたヒアリ

発見された場所の地図
別ウィンドウで開く

今回ヒアリが発見された場所

大阪市における問合せ先

・港湾の管理に関すること 港湾局総務部総務課(06-6615-7705)

・市の危機管理に関すること 危機管理室危機管理課(06-6208-7387)

・特定外来生物に関すること 環境局環境施策部環境施策課(06-6630-3215)

・健康被害に関すること 健康局健康推進部生活衛生課(06-6208-9981)

探している情報が見つからない