ページの先頭です

報道発表資料 道路維持(道路清掃等)業務委託における設計金額の誤りについて

2019年3月22日

ページ番号:465182

問合せ先:港湾局 計画整備部 施設管理課(06-6572-6640)

平成31年3月22日 14時発表

 大阪市港湾局が平成29年度に発注した道路維持(道路清掃等)業務委託について、設計金額の積算に誤りがあったことが判明しました。

 このような事案が発生したことにつきまして、関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げますとともに、今後このようなことが無いよう再発防止に努めてまいります。

1.事案の概要

 平成31年1月30日(水曜日)、平成29年度に発注した業務委託「道路維持(道路清掃等)業務委託(港区・住之江区)」の金入明細書を大阪市情報公開条例に基づいて入手した事業者から、金入明細書の細部明細において、ダンプトラックの昼間又は夜間の運転単価に間違いがあるのではないかとの問合せがありました。

 そのため、施設管理課で確認したところ、ダンプトラックの昼間の運転単価を算出する際の燃料消費量に誤りがあることが判明しました。

 結果として、本来よりも高い金額で最低制限価格が設定された状態で平成29年2月16日(木曜日)に開札を行い、本来の計算方法では最低制限価格未満とはならなかった事業者を無効として取り扱っていました。なお、この扱いによる落札結果への影響はありましたが、再度の契約手続きに伴う事務事業への影響等を考慮し、現契約を維持することとします。

2.対応

 平成31年3月18日(月曜日)に落札事業者と無効となった事業者の2社に対して、今回の状況等について説明及び謝罪を行いました。

 なお、当該業務については、平成30年3月28日に完成検査を受け、問題なく業務を完了したことを確認しています。

 したがって、当該業務を再度発注することはありません。 

 

3.原因

 単価算出の根拠となる燃料消費量の計算について、複数職員によるチェックが十分に出来ていなかったことが原因と考えます。

4.再発防止に向けた取組み

 今後は、設計金額の積算根拠作成する際は、確認すべき項目(数値入力の項目)を明確化し、複数職員による確認作業をより確実かつ効率的に行えるよう改善することにより、積算誤りの発見、未然防止の強化・徹底を図ります。

探している情報が見つからない