ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 新たに港湾施設の愛称が決定しました(港湾施設等の提案型ネーミングライツパートナー)

報道発表資料 新たに港湾施設の愛称が決定しました(港湾施設等の提案型ネーミングライツパートナー)

2019年9月26日

ページ番号:480983

問合せ先:港湾局総務部総務課(06-6615-7701)

令和元年9月26日 14時発表

 大阪市では、港湾局で所管する港湾施設等の中から愛称をつけたい施設を自ら選んでネーミングライツ料とともに提案いただく「ネーミングライツパートナー」を随時募集しています(港湾局ホームページをご参照下さい)。
  このたび、新たなパートナー企業との間で、港湾施設(「天保山西岸壁」及び「防潮堤港区埠頭C-8」)の愛称が決定しましたので、お知らせします。

契約内容

1 対象施設
2 パートナー企業
 株式会社海遊館
3 愛称名
 海遊館西はとば
4 契約期間

 令和元年10月1日から10年間

5 ネーミングライツ料

 施設の補修・清掃等の役務提供

 10年間総額 23,804,000円(消費税含む)

選定結果

1 選定会議開催日

 平成30年9月6日(木曜日)

2 応募者数
 1者
3 審査項目・審査結果
審査項目・審査結果(配点項目含む)
審査項目配点審査結果
A委員B委員C委員計    
応募価格50点30303797
契約期間20点20202060
愛称案20点18161246
市民サービスの向上及び地域活性化への貢献度10点106824
合   計100点787277227
4 選定委員・役職(50音順)

 阪口 寿子(大阪観光局 魅力創造部 観光インフラ担当部長)

 清水 和也(公認会計士)

 矢持 進  (大阪市立大学 名誉教授)

5 ネーミングライツパートナーの決定が現在に至った理由
 平成30年9月に開催した選定会議の審査結果を踏まえて上記パートナー企業をネーミングライツパートナー候補者として選定していましたが、台風21号により対象の港湾施設のひとつであった「天保山西岸壁船客待合所」が全壊被害を受けたため、契約締結を延期していました。この度、パートナー企業との間で協議が整い、契約を締結することとなったものです。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 新たに港湾施設の愛称が決定しました(港湾施設等の提案型ネーミングライツパートナー)