ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大阪市港湾局は中国の山東省港口集団有限公司とパートナーシップ港提携に関する覚書を締結しました

報道発表資料 大阪市港湾局は中国の山東省港口集団有限公司とパートナーシップ港提携に関する覚書を締結しました

2019年12月6日

ページ番号:487297

問合せ先:港湾局総務部総務課(企画グループ)(06-6615-7764)

令和元年12月6日 14時発表

 大阪市港湾局は、令和元年12月6日(金曜日)に、中国の山東省港口集団有限公司と大阪港と山東港のパートナーシップ港提携に関する覚書を締結しました。

 港湾局では、海外諸港との関係強化を通じて、大阪港のさらなる港勢の拡大を図るため、姉妹港・友好港(注1)との友好関係の深化に努めるとともに、平成29年7月に大阪港開港150年を記念して開催したアジア国際港湾会議へ、姉妹港・友好港をはじめ、成長著しいアジア諸港8港(注2)を招待するなど、姉妹港・友好港以外の海外港と今後の大阪港の物流強化、国際競争力の強化に資する新たな交流機会の創出を行ってまいりました。

 今回の覚書締結は、令和元年10月に山東省港口集団有限公司から大阪市港湾局へ協力関係の構築について打診があり、世界最新鋭の自動コンテナターミナルが運用されている青島港をはじめ、長江(揚子江)以北の貨物集積地として、今後、コンテナの取扱量増加が期待される山東港(青島港、煙台港、日照港、渤海湾港)との関係が深まれば、大阪港の港勢拡大も期待できることから覚書の締結に至ったものです。

 港湾局では、今後も上海港など従来からの姉妹港・友好港との交流を引き続き進めるとともに、アジアにおける大阪港の存在を高め、港勢拡大につながるように、山東港をはじめアジア諸港との新たな交流を進めてまいります。

注1 サンフランシスコ港、メルボルン港、ル・アーヴル港、上海港、バルパライソ港、釜山港、サイゴン港(姉妹港・友好港提携順)
注2 コロンボ港、ジャワハルラル・ネルー港、高雄港、レムチャバン港、マニラ港、ポートケラン、タンジュンプリオク港、ヤンゴン港(アルファベット順)

覚書締結日

令和元年12月6日(金曜日)

覚書締結先

  • 名称 
    山東省港口集団有限公司(Shandong Port Group Co., Ltd. )
  • 代表者
    会長 霍高原

覚書の内容

大阪港と山東港のパートナーシップ港提携に関する覚書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大阪市港湾局は中国の山東省港口集団有限公司とパートナーシップ港提携に関する覚書を締結しました