ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 CONPASの試験運用を大阪港で初めて実施~1月27日と28日に大阪港夢洲コンテナターミナルで第1回試験運用を実施~

報道発表資料 CONPASの試験運用を大阪港で初めて実施~1月27日と28日に大阪港夢洲コンテナターミナルで第1回試験運用を実施~

2022年1月20日

ページ番号:554040

問合せ先:大阪港湾局計画整備部振興課(06-6615-7767)

令和4年1月20日 14時発表

同時資料提供:近畿建設記者クラブ、大手前記者クラブ、神戸海運記者クラブ、神戸民放記者クラブ、みなと記者クラブ、神戸経済記者クラブ

 大阪市は、阪神国際港湾株式会社及び近畿地方整備局等とともに、夢洲のコンテナターミナルのゲート前混雑の解消やコンテナトレーラーのターミナル滞在時間の短縮を図ることで、コンテナ物流の効率化及び生産性向上を実現することを目的として、国土交通省が開発した新・港湾情報システム「CONPAS(注)」の大阪港での導入に向けて、次のとおり第1回目の試験運用を実施します。

(注)Container Fast Passの略

試験運用の概要

1 日時
令和4年1月27日(木曜日)から令和4年1月28日(金曜日)まで
2 実施場所
大阪港C10~12 夢洲コンテナターミナル(DICT) (C10のINゲート付近:別紙1)
3 実施内容
営業コンテナ(輸入コンテナの搬出・実入り)を対象としたシステムフローについて一連の動作確認(詳細は別紙2)
4 参加店社数
海運貨物取扱業事業者:4社、海上コンテナ輸送事業者:4社

取材について

  • 報道関係者を対象に現地での取材を受け付けます。
  • 貨物の搬出状況により取材可能日時を前日までに決定する予定です。
  • 現地取材もしくは資料送付をご希望される場合は、別紙3(取材申込要領)を確認のうえ、令和4年1月26日(水曜日)12時までに要領の内容に沿ってメール(近畿地方整備局クルーズ振興・港湾物流企画室あて: pa.kkr-hnk-crs-prs@mlit.go.jp)にてお申し込みください。集合場所・時間の詳細は、取材日時が決まりましたら、前日までに申し込みいただいたメールアドレスに連絡いたします。
  • 当日現地で取材していただくのは、ターミナルゲート付近でのPS (Port Security)カードを活用した入場受付状況です。その他一連の動作確認については資料にて説明します。
  • 資料のみご希望の場合は取材日当日にデータを申し込みいただいたメールアドレスに送付いたします。
  • その他、取材申込要領をご確認ください。

試験運用実施場所等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 CONPASの試験運用を大阪港で初めて実施~1月27日と28日に大阪港夢洲コンテナターミナルで第1回試験運用を実施~