ページの先頭です

報道発表資料 すこやかに暮らすための施策を進めます -動物愛護管理施策の一環としての動物虐待防止-

2019年2月14日

ページ番号:460758

問合せ先:健康局健康推進部生活衛生課(06-6208-9990)

動物虐待ホットラインの設置

 大阪市は、「犬猫の理由なき殺処分ゼロに向けた行動計画」を平成30年3月に策定し、犬猫の殺処分削減や犬猫の収容を未然に防ぐ動物愛護精神の醸成等の動物愛護管理施策に取り組んでおり、これを更に推進するため、新たに動物虐待相談電話(動物虐待ホットライン)を設置します。

 動物虐待ホットラインにより相談窓口を一元化することで、動物虐待の疑い事案を掘り起こし、早期発見や飼い主に対する改善指導に努めます。あわせて、この取組みを進めることで、動物虐待は犯罪であるとの再認識を市民に対して促し、動物虐待の未然防止を図ります。

  • 業務内容:動物虐待に関する電話相談対応、関係機関との連絡調整
  • 開設時期:2019年8月1日開設予定
  • 受付日:毎週月曜日~金曜日(祝日除く)
  • 設置場所:大阪市動物愛護相談室内(大阪市東成区大今里西11929 東成区保健福祉センター分館内)
  • 体制:動物愛護管理行政を経験し、動物虐待に関する知識を有する人員を配置(非常勤嘱託職員の2名体制)

【平成31年度予算額 500万円】新規

動物虐待ホットラインのイメージ図
別ウィンドウで開く

探している情報が見つからない