ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 「おしえ太郎」(道路や公園等の不具合箇所・画像送信フォーム)の本格運用を開始します

報道発表資料 「おしえ太郎」(道路や公園等の不具合箇所・画像送信フォーム)の本格運用を開始します

2020年3月27日

ページ番号:497407

問合せ先:政策企画室市民情報部広聴担当(06-6208-7330)

令和2年3月27日 14時発表

 大阪市は、令和2年4月1日(水曜日)9時から、「おしえ太郎」(道路や公園等の不具合箇所・画像送信フォーム)(以下「おしえ太郎」という。)の本格運用を開始します。

 「おしえ太郎」は、令和元年11月から令和2年1月まで試行運用を実施しました。(令和元年10月23日報道発表済)その結果、画像・位置情報等、状況を把握しやすい有益な情報をお寄せいただける仕組みであることが確認できましたので、入力項目の見直しや注意事項を追記のうえ、本格運用します。

「おしえ太郎」概要と目的

 「おしえ太郎」は、市が管理する道路や公園等の不具合を発見した市民の皆様から、スマートフォン等のカメラ機能とGPS機能を利用し、画像と位置情報で不具合状況を教えていただく仕組みです。また、ユーザ登録や個人情報の入力が不要で、24時間送信可能であるなど、手軽にご利用いただけるよう工夫をしています。

 従来から、道路や公園等の不具合について、電話やメールで情報提供をいただいておりますが、この仕組みを導入することで、市民の利便性向上と不具合箇所の早期発見等を図ることを目的としています。

「おしえ太郎」発見から対応までの流れ
発見から対応までの流れ
別ウィンドウで開く
  1. 損傷箇所を発見したら、損傷箇所を撮影し「おしえ太郎」から送信
  2. 政策企画室担当者が受信した内容を確認し、所管所属へ伝達
  3. 所管所属で現場確認のうえ、状況に応じて対応時期・内容を決定
  4. 修理・修繕及び経過観察を実施

 詳細な利用方法・注意事項は、おしえ太郎(道路や公園等の不具合箇所・画像送信フォーム)でご確認ください。

試行運用結果

 実施期間:令和元年11月1日から令和2年1月31日まで

 受信件数:127件

内訳
  • 大阪市所管となるもの 105件
  • 大阪市以外の官公庁所管となるもの 15件
  • 大阪市としての対応ができないもの 7件
大阪市所管となる105件の対応状況及び詳細
  • 対処済 72件
  • 今後対処予定 15件
  • 経過観察など 18件

詳細

 分類別:道路51、歩道36、公園10、河川2、その他6

 状況別:破損38、照明灯不良9、樹木(伸びすぎ等)8、不法投棄6、散乱ごみ5、雑草3、汚れ3、その他33

 大阪市所管となる105件のうち、65件が市が把握していなかった不具合等情報であり、有効性のある仕組みであることが確認できました。

対応した事例
樹木が伸びすぎで、信号が見えなかったが、剪定し信号が見えるようになった事例
別ウィンドウで開く
雑草が生え放題で煙草のポイ捨てが多かったため、除草のうえポイ捨て禁止のポスターを掲示した事例
別ウィンドウで開く
大阪市所管外である22件の対応状況
  • 大阪府警察へ伝達 6件
  • 大阪国道管理事務所へ伝達 9件
  • 私有地、私道上の不具合のため対応できない 5件
  • 現場確認したが、不具合箇所が見つからず対応できない 1件
  • 位置情報が正しくなく、対応できない 1件
試行運用結果を受けての改善点
  1. 画像見本及び対応した事例の掲載
  2. 入力項目「状況」の変更及び並べ替え
試行運用時
  • 照明灯不良
  • 破損
  • 雑草
  • 汚れ
  • 樹木(伸びすぎ等)
  • 不法投棄
  • 散乱ごみ
  • その他
本格運用時
  • 壊れ/傷み
  • 照明灯不良
  • 樹木
  • 雑草
  • 不法投棄
  • 散乱ごみ
  • その他

3.注意事項の追記

 横断歩道の劣化については、大阪府警察ホームページの「標識・信号機BOX別ウィンドウで開く」から送信してください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 「おしえ太郎」(道路や公園等の不具合箇所・画像送信フォーム)の本格運用を開始します