ページの先頭です

報道発表資料 戸籍証明書発行日にかかる元号表記の誤りについて

2019年5月7日

ページ番号:469083

問合せ先:市民局総務部住民情報担当(06-6208-7326)

令和元年5月7日 18時45分発表

 大阪市では、令和元年5月7日(火曜日)午前9時10分頃から午前10時10分頃までの約1時間の間、北区、此花区、淀川区の戸籍証明書窓口において一部の方に発行日の元号表記を誤った証明書を交付したことが判明しました。市民の皆様には、多大なるご迷惑をおかけすることとなったことを深くお詫び申し上げます。

1 発生日時

 令和元年5月7日(火曜日)
 午前9時10分頃から10時10分頃まで

2 発生場所

 北区、此花区、淀川区の戸籍証明書窓口

3 件数

 北区  : 8件 (内訳:全部事項証明書 6件、個人事項証明書 2件)
 此花区 : 2件 (内訳:個人事項証明書 2件)
 淀川区 : 1件 (内訳:全部事項証明書 1件)

4 事象の詳細

 戸籍証明書を作成するシステム端末において、元号改正の情報は本来、5月1日以降の端末の初回起動時に自動的に反映が行われる予定でしたが、北区、此花区、淀川区の各区1台ずつにおいて適正に反映されず、「令和元年5月7日」と記載されるべき発行日が「平成31年5月7日」と記載されて作成されていることを証明書発行業務に従事する職員が発見しました。その時点ですでに請求者に交付された証明書の中に同様の状態になっているものがないか確認したところ、北区において8件、此花区において2件、淀川区において1件について、作成後の証明書の点検確認も充分に行われておらず、請求者に交付してしまったことが判明したものです。
 なお、当該端末はいずれも5月1日以降、本日が初回の稼働日(使用日)であり、5月6日以前において本事象は発生していないことを確認済みです。
 また、当該証明書については「平成31年」表記のままでも証明書としては有効なものとなります。

5 判明後対応

 対象の方には個別に連絡を差し上げ、お詫びを申し上げるとともに差し替え等の対応を行います。

6 原因

 今回発生した元号反映不備の原因の詳細については調査中です。原因究明後は適切な対応策を実施し、安定した戸籍情報システムの運用に努めます。

探している情報が見つからない