ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 女子差別撤廃委員会が大阪市立男女共同参画センター中央館(愛称:クレオ大阪中央)を視察訪問、市民団体との交流会を行います

報道発表資料 女子差別撤廃委員会が大阪市立男女共同参画センター中央館(愛称:クレオ大阪中央)を視察訪問、市民団体との交流会を行います

2019年12月6日

ページ番号:487401

問合せ先:市民局ダイバーシティ推進室男女共同参画課(06-6208-9156)

令和元年12月6日 14時発表

 大阪市は、令和元年12月13日(金曜日)に大阪市立男女共同参画センター中央館(愛称:クレオ大阪中央)にて、外務省が実施する「国連人権条約体対日理解促進プログラム(注1)」の一環として、女子差別撤廃委員会(注2)の委員3名より視察訪問を受けます。

 当日は、ジェンダー課題の解決に向けて活動する関西の市民団体がその取組を紹介し、日本・関西の現状を委員に直接伝えます。その後、交流会にて委員との意見交換のほか、団体同士の交流を深めることで、外務省のプログラムに則った役割を担うとともに、大阪市における男女共同参画の形成を促進します。

 

(注1) 女子差別撤廃委員会等国連人権条約体の委員等を訪日招へいし、男女共同参画分野における我が国の取組及び日本の伝統、文化に対する理解を増進することを目的とするもの

(注2)   女子差別撤廃条約の実施に関する進捗状況を検討するために設置。23名の委員で構成。女子差別撤廃条約は正式名称は「女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約」で、昭和54年の第34回国連総会で採択され、昭和56年に発効。我が国は昭和60年6月に批准。 

1 日時

令和元年12月13日(金曜日)16時30分から

2 場所

クレオ大阪中央3階交流サロン(大阪市天王寺区上汐5-6-25

3 女子差別撤廃委員の出席予定者

  • Aruna Devi NARAIN委員(モーリシャス)
  • Genoveva TISHEVA委員(ブルガリア)
  • Tamader Al-Rammah委員(サウジアラビア)

4 内容

  • 各委員ご紹介、挨拶
  • 市民局長より挨拶、施策説明
  • 関西で活動する市民団体からのリレーメッセージ(取組紹介等)
  • 交流会 など

  (注)交流会等に一般の方は参加できません。

5 主催

  • 大阪市(クレオ大阪中央)
  • 一般財団法人大阪市男女共同参画のまち創生協会
  • 国連ウィメン日本協会大阪

6 取材について

  • 取材を希望される場合は令和元年12月11日(水曜日)17時30分までに、「クレオ大阪中央」までご連絡ください。その際に、当日、カメラを用いた取材を希望される場合は、会場準備の都合上必ず申し出ください。
  • 取材中は必ず自社腕章、社員証(記者証)、又は「市政記者カード」のいずれかを見えやすいところに着用してください。腕章等の着用がない場合、取材いただけないことがございますので、ご注意ください。
  • 当日、報道関係者の方は、受付順に会場へ入室いただきます。受付は16時から(場所:3階 交流サロン前)で行います。受付にて名刺受けまたは受付簿への記入をお願いします。
  • カメラ取材は所定の位置でお願いします。(1社1カメラとします。)
  • 取材中は、視察・交流会の妨げにならないよう、主催者の職員の指示、誘導に従っていただきますようお願いします。
  • 終了後の囲み取材は予定していません。
クレオ大阪中央
連絡先
場所

  大阪市天王寺区上汐5-6-25

  (注)月曜日は閉館日

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 女子差別撤廃委員会が大阪市立男女共同参画センター中央館(愛称:クレオ大阪中央)を視察訪問、市民団体との交流会を行います