ページの先頭です

報道発表資料 第1回「大阪市性の多様性尊重大賞」表彰式を開催します

2020年11月13日

ページ番号:518882

問合せ先:市民局ダイバーシティ推進室人権企画課(06-6208-7352)、大阪市人権啓発・相談センター(06-6532-7620)

令和2年11月13日 14時発表

 大阪市は、第1回「大阪市性の多様性尊重大賞」表彰者を募集(令和元年11月21日付け報道発表済み(本件公開は終了しました))しておりましたが、この度、受賞団体を決定し令和2年11月20日(金曜日)に表彰式を行います。
 大阪市は、大阪市人権尊重の社会づくり条例の趣旨に基づき、誰もが生きやすい社会の実現に向けた取組の促進を目的に、性の多様性を尊重し、LGBTなどの性的マイノリティが直面している課題等の解消、あるいは広くSOGI(注)差別解消に向けた様々な活動について、特にその功績が顕著であると認められる個人・団体・学校または事業者を対象として「大阪市性の多様性尊重大賞」の表彰を行います。第1回目である今回は、選考の結果、4団体を表彰します。

(注)SOGI
 LGBTは特定の「人」を指す言葉ですが、すべての人がもつ性のあり方の多様性に焦点をあて、性的指向と性自認(Sexual Orientation and Gender Identity)の頭文字をとってSOGI(ソジ)という言葉が使われることもあります。なお、「SOGI差別」とは、性的指向や性自認に基づいて差別や偏見の対象とするものを指します。

受賞者

受賞者及び選考理由
受賞者選考理由
大賞特定非営利活動法人
関西GICネットワーク
 15年の長きにわたって、性別違和をもつ方々が、全国どこでも同じ治療を安全に受けられるよう、講演会や、「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」に沿った適応判定会議を定例的に開催しており、GID(性同一性障害)医療の適切な提供・向上のため、非常に有意義な活動である。医療以外の側面への理解も持ち合わせている点についても評価できる。
優秀賞新設Cチーム企画 ジェンダーバイアスという点から、LGBT等の性的少数者、SOGIの教育について、教員が気軽に取り組めて、子どもたちにも馴染みやすい教材を制作している。教員と当事者が連携して波及効果をのぞめる活動を継続的に行っている点が高く評価できる。
入賞日本生命保険相互会社 LGBT等の性的少数者に関する責任部局を設け、LGBT等の性的少数者/SOGIの理解浸透に向けて、人権研修において継続的な啓発を行っている。また、ALLY(理解者・支援者)を見える化し、ALLYの輪を広げる取り組みを展開するなど、幅広い取り組みを地道に継続的に行っていることが評価できる。
レインボー3710  LGBT等の性的少数者をはじめとする様々な人々を対象に、地元重視で行政と協力して交流会やイベントを行っている。グループは小さいが、LGBT等の性的少数者だけでなく、聴覚障がいをもつ、いわゆるダブルマイノリティの存在についても理解し、対応しようとする試みが評価できる。

表彰式概要

1 日時

令和2年11月20日(金曜日)15時30分~16時

2 場所

大阪市役所本庁舎5階市長公室(大阪市北区中之島1丁目3番20号

3 出席予定者

受賞団体

大阪市長 松井 一郎

大阪市市民局理事 田丸 卓嗣

大阪市市民局ダイバーシティ推進室長 福岡 弘高 ほか

4 式次第
  • 開式
  • 表彰状授与
  • 大阪市長あいさつ
  • 受賞者コメント
  • 記念撮影
  • 閉式
5 その他
  • 取材を希望される場合は、11月18日(水曜日)17時30分までに市民局ダイバーシティ推進室人権企画課(06-6208-7352)又は大阪市人権啓発・相談センター(06-6532-7620)へ連絡してください。
  • カメラ取材は所定の位置でお願いします。(1社につき1カメラとします。)
  • 取材に際しては、必ず自社腕章、社員証(記者証)、または市政記者カードのいずれかを見えやすいところに着用してください。腕章等の着用がない場合、取材いただけないことがございますのでご注意ください。
  • 取材中は、進行を妨げないよう、職員の指示・誘導に従っていただくなど、ご協力お願いします。
  • 新型コロナウイルスによる感染症の拡大防止に向け、会場においては、マスクの着用等の咳エチケットの徹底や会場設置の手指消毒用アルコールポンプによる手指消毒などにご協力をお願いします。また、発熱等の症状がある方は取材をご遠慮ください。
  • 一般の方は傍聴できません。

探している情報が見つからない