ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 新型コロナウイルス感染症感染者の発生に伴い停止していた、住民票の写し・戸籍等の各種証明書の郵送請求業務の再開について

報道発表資料 新型コロナウイルス感染症感染者の発生に伴い停止していた、住民票の写し・戸籍等の各種証明書の郵送請求業務の再開について

2021年4月11日

ページ番号:533064

問合せ先:市民局総務部住民情報担当住民情報サービス(06-6208-8830)

令和3年4月11日 14時発表

 大阪市郵送事務処理センターにおいて、住民票の写し・戸籍等の各種証明書の郵送請求業務を停止しておりましたが(令和3年4月7日報道発表済み)、当該業務を再開することといたしましたのでお知らせします。

 市民及び関係者の皆様にご不便おかけいたしましたことを、お詫び申し上げます。

1 業務再開日

令和3年4月12日(月曜日)

2 対象業務

住民票の写し・戸籍等の各種証明書の郵送請求業務

3 再開経過

 令和3年4月8日(木曜日)から同11日(日曜日)の4日間に自宅待機していた会計年度任用職員全員(陽性者6名を除く。)に対し、毎日検温等の健康観察を行った結果、職場内感染の疑いがある職員はいないと判断したため、4月12日(月曜日)より再開することとしました。

4 業務再開後の対応

  • 昼食時濃厚接触を避けるため、一人での食事等の徹底
  • 当面の間、郵送事務処理センター執務室に入室する際は都度、入口で検温等及びアルコール消毒を実施
  • 同センター内における、日々の消毒の徹底等

5 その他

 同センターに勤務している職員が、令和3年4月10日(土曜日)、新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました(令和3年4月11日公表)。

  • 当該職員は、市民との接触はありません。
  • 同センター職員のこれまでの感染者と接触はなく、濃厚接触者にも指定されておりません。
  • 発症日は4月5日(月曜日)、最終勤務日は4月7日(水曜日)ですが、保健所による疫学調査により、職員に濃厚接触者はないとの判断を受けています。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 新型コロナウイルス感染症感染者の発生に伴い停止していた、住民票の写し・戸籍等の各種証明書の郵送請求業務の再開について