ページの先頭です

報道発表資料 「救命サポートアプリ」の運用を開始します ~いざ!という時に、あなたも命も助けます!~

2018年3月26日

ページ番号:430485

問合せ先:消防局企画部企画課(広報)(06-4393-6058)、ICT戦略室活用推進担当(06-6208-7665)

平成30年3月26日 14時発表


別ウィンドウで開く

 大阪市消防局とICT戦略室は、応急手当の講習を受講した方が、救急事案に遭遇した時に、ためらわずに応急手当を実施できるようにサポートする「救命サポートアプリ」を作成しました。
 このアプリは、昨年、駅構内で心肺停止になった方を助けたバイスタンダー(救急現場に居合わせた人)から、「応急手当のやり方が間違っていないかとても不安だった」という声を聞き、いざという時に落ち着いて応急手当が実施できるサポートツールとして「すぐにスマホで動画を見て自信を持って応急手当を実践できるアプリはできないか」との職員の発想から、ICT戦略室と共同で作成しました。
 目の前で突然人が倒れたとき、一刻を争う命を救うために必要なものは、専門的な知識や技術ではなく、バイスタンダーの勇気です。
 多くの方々にダウンロードしていただき、命を救うサポートツールとして活用していただきたいと思います。

救命サポートアプリの概要

1 アプリの名称

救命サポートアプリ

2 運用開始日時

平成30年4月2日(月曜日)午前9時から

3 アプリのダウンロード方法と視聴方法

  1. 運用開始後、Android端末を利用されている方は、「Google play」において、「救命サポート」で検索し、ダウンロードしてください。スマートフォンにアプリを一度インストールしておくと、通信環境下になくても無料で動画を視聴することができます。
  2. iPhoneなどiOS製品を利用されている方は、大阪市消防局YouTubeチャンネル(平成30年4月2日(月曜日)運用開始予定)に掲載している「救命サポート」動画をスマートフォンのホーム画面に登録するなどして活用してください。

4 アプリの特長

  1. バイスタンダーが勇気を持って応急手当が出来るように、分かりやすい動画でお手本を示します。
  2. アプリをタップするとすぐに応急手当(心臓マッサージ(胸骨圧迫)やAEDの使用方法など)の実技動画を見ることができます。
  3. 動画には文字での説明と、音声での説明も含まれています。
  4. 心臓マッサージのテンポ(110回/1分間)が、映像と音の両方で分かるように表示されます。
  5. 成人、小児、乳児の3つのパターンから、対象者によって動画を選択することができます。

5 その他

 アプリの運用開始までは実際の動画を見ることができませんので、デモ機等によるアプリの取材を希望される場合は、消防局企画部企画課(広報)(電話:06-4393-6058)までご連絡ください。

<参考>過去10年間の大阪市内のでバイスタンダーによる応急手当の実施率


別ウィンドウで開く

アプリの概要

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

「救命サポートアプリ」チラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない