ページの先頭です

報道発表資料 あべのタスカルで「大阪府北部を震源とする地震」の写真パネル展等を開催します

2019年6月6日

ページ番号:471948

問合せ先:消防局 企画部企画課(広報)06-4393-6058

令和元年6月6日 14時発表

 平成30年6月18日に大きな被害をもたらした「大阪府北部を震源とする地震」の発生から1年を迎えようとしています。

 大阪市は、この震災から得た教訓を忘れないよう、令和元年6月13日(木曜日)から6月20日(木曜日)まで、大阪市立阿倍野防災センター(愛称 あべのタスカル)において、「写真パネル展」を開催します。

 なお、開催期間中は、地震に関連した防災体験学習ができる「特別体験コース」を設けるほか、6月15日(土曜日)・16日(日曜日)は「津波・大規模風水害対策車」の展示も行います。

 当時の震災を振り返り、日頃の備えの大切さや防災知識を学ぶきっかけとして、是非、ご来館ください。

1 期間

 令和元年6月13日(木曜日)から6月20日(木曜日)まで
 (注)6月19日(水曜日)は、休館日です。

2 時間

写真パネル展

 10時から18時まで

特別体験コース受付

 10時から16時30分まで(事前電話受付は、10時から17時45分)

 (注)受付時間内であっても、定員に達すればコースの受付は終了します。
 なお、事前予約されていない場合は、長時間お待ちいただくことがあります。

「津波・大規模風水害対策車」の展示

 10時から16時まで(6月15日(土曜日)と16日(日曜日)のみ)

3 場所

 大阪市立阿倍野防災センター(あべのタスカル)
 大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目13番23号 あべのフォルサ3階

4 入館料

 無料

5 内容

写真パネル展

 「大阪府北部を震源とする地震」の災害概要や消防活動状況をお伝えするパネルとともに、当時の被害状況の写真パネルを展示します。

 展示は、インフォメーション周辺のフリースペース(別図 各エリア参照)で行いますので自由にご覧いただけます。

特別体験コース

 地震に関連した7つの防災体験学習ができます。(別紙 「特別体験コース」詳細参照)

「津波・大規模風水害対策車」の展示

 「津波・大規模風水害対策車」の「5トン級重機」と「水陸両用バギー」を展示します。

 展示は、あべのフォルサ駐車場で行います。

5トン級重機

 津波による瓦礫や土砂崩れ等による障害物の除去など様々な重作業が可能

水陸両用バギー

 水陸両用で、瓦礫などの悪路も走行できる小型バギー
 平成30年7月豪雨災害でも活躍

6 取材について

  1. 取材を希望される場合は6月12日(水曜日)17時までに消防局企画部企画課(広報)(電話番号06-4393-6058)まで、ご連絡ください。
  2. 取材時間は、各日10時から12時までとし、報道関係者は、希望取材日の9時30分までに、あべのフォルサ3階防災センター入口付近にお集まりください。
  3. 取材、撮影時は、係員の指示に従ってください。
  4. 必ず自社腕章又は大阪市政記者カード等の着用をお願いします。腕章等の着用がない場合は、取材をお断りする場合がありますので、ご注意ください。

7 その他

 詳しい体験内容や予約方法等については、大阪市立阿倍野防災センターホームページをご確認ください。

別添

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない