ページの先頭です

報道発表資料 住吉区役所保険年金課における業務上取得した個人情報の目的外使用について

2019年7月30日

ページ番号:476790

問合せ先:住吉区役所 保険年金課(06-6694-9945)

令和元年7月30日 14時発表

 大阪市住吉区役所保険年金課職員が、業務で知りえた情報を利用し、私的にLINEスタンプを送信していたことが判明しました。

 このことは、全市をあげて不祥事の根絶に取り組んでいる中、また、法を守るべき立場にある公務員としてあるまじき行為であり、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損ねたことを深くお詫び申し上げます。

1 事実経過

 令和元年7月29日(月曜日)15時頃「住吉区職員から私的にLINEスタンプが送られて来ている」との情報が、LINEスタンプが送られてきた区民(以下「A氏」という。)から相談を受けた別の区民の方より総務課に寄せられ、15時30分頃、A氏と親族が保険年金課に来庁され、同様の申告をされました。

 A氏から申告のあった内容をもとに、当区保険年金課職員(以下「当該職員」という。)に対し事情聴取を行ったところ、7月9日(火曜日)に当該職員が窓口業務で受領したA氏の国民年金保険料免除・納付猶予申請書に記載されていた携帯電話番号を控えて持ち帰り、夏季休暇を取得していた7月11日(木曜日)11時頃、自らのLINEアプリでA氏を検索し、A氏に対しLINEスタンプを送信したことを当該職員が認めたため、本事案が判明しました。

2 原因

 今回の事案は、当該職員の公務員としての倫理観、規範意識の欠如と個人情報の重要性についての認識が不足していたために発生したものと考えます。

3 対応と再発防止

 当該職員については、担当業務から外すこととしました。また、当該職員に対して公務員としての服務規律の確保、個人情報保護の重要性に関する個別指導を行う予定です。
  また、処分については、今回の事案を重く受け止め、関係部署とも協議のうえ、厳正に対処いたします。
  さらに、ご迷惑をおかけしたA氏及びそのご家族に対し区長から直接謝罪するとともに、区長より全職員に対して、服務規律の確保・個人情報の適正な取扱いの徹底について訓示を行います。

探している情報が見つからない