ページの先頭です

報道発表資料 地域団体と連携した新たな特殊詐欺被害の防止対策に取り組みます

2019年8月26日

ページ番号:477948

問合せ先:住吉区役所地域課(06-6694-9713)

令和元年8月26日 14時発表

  大阪市住吉区役所は、区内で増加する特殊詐欺の被害から区民を守り、安全で安心して暮らすことができるまちづくりをめざすため、令和元年9月1日(日曜日)より、区内の介護保険サービス事業者連絡会、医師会をはじめとした地域団体と連携した新たな特殊詐欺被害の防止対策に取り組みます。

  住吉区内における特殊詐欺被害は平成30年で37件、令和元年(7月まで)で22件と24区でワーストワンと大変厳しい状況におかれています。特殊詐欺対策については、これまでも広報紙への啓発記事の掲載、啓発ポスターの掲示、啓発チラシの町会回覧、また、防犯教室やキャンペーンの開催など、様々な取組を進めてきました。

  今年度はこれまでの取組に加え、日頃から高齢者と接する機会を多く有する地域団体の方々に、高齢者へ直接声をかけ注意を呼び掛ける等の啓発を行っていただくことにしました。

  この取組により、「安全・安心なまちづくり」の実現に努めてまいります。

連携内容等について

連携団体
  • 住吉区介護保険サービス事業者連絡会
  • 一般社団法人大阪市住吉区医師会
  • 一般社団法人住吉区歯科医師会
  • 一般社団法人住吉区薬剤師会
  • 公益社団法人大阪府柔道整復師会住吉支部
  • 公益社団法人大阪府鍼灸マッサージ師会 住吉区鍼灸マッサージ師会
  • 住吉区老人会
  • 住吉区地域見守り支援システムの支援員
連携内容
  • 住吉区役所から提供を受けた広報物(ポスター・チラシ)の配架、配布
  • 特殊詐欺被害防止に関する事項の高齢者等への注意喚起(直接声掛けを行う。)
連携開始日
 令和元年9月1日(日曜日)

探している情報が見つからない