ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大正区役所保健福祉課(生活支援)における生活保護申請にかかる申請書類の紛失及び事務処理遅延について

報道発表資料 大正区役所保健福祉課(生活支援)における生活保護申請にかかる申請書類の紛失及び事務処理遅延について

2020年6月5日

ページ番号:505595

問合せ先:大正区役所保健福祉課(生活支援)(06-4394-9863)

令和2年6月5日 14時発表

 大阪市大正区役所保健福祉課(生活支援)において、生活保護の申請書類の紛失及び事務処理遅延が発生していることが判明しました。

 このような事案が発生したことを深く反省し、申請された方に多大なるご迷惑をおかけし、また市民の皆さまの信頼を損なったことにつきまして、心からお詫び申しあげます。

1 概要と事実経過

  令和2年6月2日(火曜日)に、当区に在住の方(以下、「A氏」という。)の代理人より、令和元年12月16日(月曜日)に生活保護の申請書類を提出したが、いまだ申請結果の通知を受け取っていない旨の連絡がありました。

 当時受付をした担当者に確認したところ、申請の受付をして、総合福祉システム(以下、「システム」という。)に入力を行い、受け付けた記録票と申請書類(以下、「本件書類」という。)を回議しましたが、回議途中に審査にかかる「保護要否判定書」の添付がなかったため、担当者に返却されたが、担当者はその後の処理を失念し、本来申請後2週間以内に生活保護の要否判定の判断の通知ができていないことが判明しました。

 本件書類については、事務所内をくまなく調査しましたが、現在も発見に至っておりません。

2 原因

  回議された本件書類の処理を速やかに行わなかったこと、また、システムで未処理であることを確認できるにもかかわらず、決裁処理の進捗管理を怠っていたことが原因です。

 さらに、別途A氏の収入確認のため、銀行へ照会を行った回答が届いていましたが、回答の受領の確認だけ行い、事務処理の進捗確認を行っていなかったことも原因です。

3 判明後の対応について

 A氏には代理人を通じて、令和2年6月3日(水曜日)に経過を説明のうえ謝罪し、改めて申請書類を再提出していただく旨、ご了承いただきました。今後、2週間以内に要否判定の決定を行います。

 なお、A氏については、令和元年12月16日(月曜日)申請時点では、生活保護の要件に該当していない旨、確認しておりますが、再度現時点での生活保護の可否の決定を行ってまいります。

 また、受付面接申請処理一覧表を確認し、処理期限を超過している案件は本件の1件のみであったことを確認しています。

4 再発防止策

 申請書類の事務処理については、その進捗状況を処理の開始時及び終了時に、上司に報告するとともに、期間内に適切に処理すること、また、保管方法については処理中のものはクリアファイルに入れ机上の所定の場所に保管すること、処理済みの書類については速やかに簿冊に保存することを、改めて担当内のすべての職員に周知徹底するとともに、申請にかかる関係書類を受領した際は、事務処理の進捗を含め確認します。

 さらに、適正な進捗管理を行うため、課長及び課長代理において、受付面接申請処理一覧表をもとに、受付面接記録票の決裁状況を毎日チェックすることにより、再発防止に努めてまいります。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 大正区役所保健福祉課(生活支援)における生活保護申請にかかる申請書類の紛失及び事務処理遅延について