ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 令和元年度都道府県別登録調査員等研修における研修参加者名簿の紛失に伴う個人情報の漏えいについて

報道発表資料 令和元年度都道府県別登録調査員等研修における研修参加者名簿の紛失に伴う個人情報の漏えいについて

2019年8月21日

ページ番号:478901

問合せ先:都市計画局 企画振興部 統計調査担当(06-6208-7860)

令和元年8月21日 22時30分発表

   大阪市都市計画局が開催した令和元年度都道府県別登録調査員等研修(以下「本研修」という。)において、研修参加者名簿(以下「名簿」という。)の紛失に伴う個人情報の漏えいがありました。

   このような事態を発生させましたことを深く反省し、再発防止に努めますとともに、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことについて、深くお詫び申し上げます。

1 発生日

 令和元年8月21日(水曜日)

2 事案の概要

   8月21日に開催した本研修において、職員が研修会場に予備用として持参していた名簿を紛失したことが本研修終了後に判明いたしました。

 研修時の班分けを行う際に、職員が予備用の名簿を持ちまわり、会場内のテーブルに置き忘れ、それを研修参加者が誤って持ち帰ったと思われますが、現在のところ、研修参加者から誤って持ち帰ったとの連絡はありません。

3 漏えいした個人情報

 ①氏名、ふりがな、居住市町村、年齢(年代)、性別、調査員としての経験年数、従事することの多い調査の種類(事業所系調査、世帯系調査)、実際に統計調査に従事した回数(200名分)

 ②氏名、ふりがな(10名分)

4 発生原因

 持ち出した予備用の名簿については、予備用として厳重に管理すべきところを、班分けの際に持ち出し、その管理を怠ったことが原因です。

5 今後の対応と再発防止策

 今回名簿に氏名等が記載されていた登録調査員の方々へは、直接、郵送によりお詫びの文書をお送りさせていただく予定です。

 また職員に対して、再度個人情報を含む書類についての保管・管理の重要性を徹底するとともに、事務手順のマニュアルを作成する等、指導監督を徹底してまいります。

令和元年度都道府県別登録調査員等研修とは

 登録調査員の資質向上を図るために、総務省が主催し都道府県別に実施しており、今回、大阪市登録調査員制度に登録いただいている登録調査員等を対象に、大阪市都市計画局が参加者を募り開催いたしました。

登録調査員とは

 登録調査員制度によって、あらかじめ登録し「基幹統計調査」において統計調査員として活動していただける方を「登録調査員」と言います。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 令和元年度都道府県別登録調査員等研修における研修参加者名簿の紛失に伴う個人情報の漏えいについて