ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 第33回大阪市ハウジングデザイン賞受賞住宅が決定しました ~ シンポジウムにて表彰式を行います ~

報道発表資料 第33回大阪市ハウジングデザイン賞受賞住宅が決定しました ~ シンポジウムにて表彰式を行います ~

2019年12月16日

ページ番号:487333

 第33回大阪市ハウジングデザイン賞表彰式及び第7回大阪市ハウジングデザインシンポジウムについては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、中止となりました。別途報道発表をご参照下さい。

問合せ先:都市整備局企画部住宅政策課民間住宅助成グループ(06-6208-9218)

令和元年12月16日 14時発表

 大阪市は、第33回大阪市ハウジングデザイン賞の受賞住宅を決定しました。令和2年3月22日(日曜日)13時30分から大阪市立住まい情報センター3階ホールで開催する「第7回大阪市ハウジングデザインシンポジウム」において、表彰式を行います。

 今年度は、令和元年6月20日(木曜日)から7月20日(土曜日)まで、市民の皆様や住宅供給に携わる方々からの推薦を募集したところ(令和元年5月29日(水曜日)報道発表参照)、179件の応募が寄せられ、対象住宅72件を第33回大阪市ハウジングデザイン賞選考有識者会議において意見を聴取し審査しました結果、大阪市ハウジングデザイン賞に北区の「グランドメゾン新梅田タワー」、西区の「VALTHAUS」の2住宅を決定しました。

 大阪市ハウジングデザイン賞は、魅力ある良質な都市型集合住宅の供給、既存ストックの有効活用や、良好な維持管理を行う住宅の普及を促進するとともに、広く市民の皆様や住宅供給に携わる方々の住宅に対する関心を高めていただくことを目的として、昭和62年度から実施しています。毎年、優れた民間集合住宅を表彰し、受賞住宅には大阪市ハウジングデザイン賞の銘板を取り付けています。

 これまでの受賞作品はホームページ(大阪市ハウジングデザイン賞について)からご覧いただけます。

第33回大阪市ハウジングデザイン賞

総評

 今回で第33回を迎える大阪市ハウジングデザイン賞の募集に対して、179件の応募があった。ストックの時代と言われるようになって久しいが、本年度も新築住宅の応募が多く、既存住宅の改修や維持管理の応募が少ない状況が続いている。

 さて、本年度の大阪市ハウジングデザイン賞選考有識者会議では、書類審査、現地審査を経て、多面的な視点から委員相互の議論を重ね、ハウジングデザイン賞2件を選定した。

 今回ハウジングデザイン賞に選定した住宅の一つは、梅田近くに立地する新築超高層分譲集合住宅である。本作品は、屋外緑地を整備するだけでなく、従前敷地内の店舗などを低層部に組み込み、また、店舗棟屋上を住宅棟共用部分と繋ぐなどの工夫がみられ、良好な住宅とまちの関係を作り上げた計画となっている。両者の関係を継承した仕組みである、小規模な再開発事業ともいえる事業プロセスや、住宅設計全体に一貫している環境への配慮なども高く評価された。

 もう一つの受賞住宅は、道路を挟んで靱公園に対面する賃貸集合住宅である。一般の賃貸住宅では考えられない高階高による開放感は、敷地条件の解釈を含めて高く評価できる。また、見上げられることも想定したバルコニーの底部などを含めた意匠も優れていると言えるが、一方で、住戸内については多様な住まい方を制約しない住宅に適したデザインでまとめられている。

 いずれの住宅も、大阪市ハウジングデザイン賞の理念である、住宅とまちとの関係を重視した都市型集合住宅のモデルとして高く評価できる。次年度以降もこうした取り組みが展開してくことを期待したい。

(選考有識者会議委員長・髙田 光雄)

大阪市ハウジングデザイン賞受賞住宅
グランドメゾン新梅田タワー(分譲)

所在地:北区大淀南2丁目
事業者:積水ハウス株式会社 大阪マンション事業部
設計者:株式会社竹中工務店大阪一級建築士事務所
施工者:株式会社竹中工務店
構造・規模:鉄筋コンクリート造、地上39階、297戸

 「うめきた2期区域」で期待が高まる大規模な梅田再開発エリア、シンフォニーホール隣という好立地にあるこのタワーマンションは店舗棟と住宅棟から構成されている。シンプルな外観の印象だけではこの物件の魅力は伝えられない。

 元々の建物にあった店舗を南側の新規低層棟にいったん移動させた後に、高層住居棟を着工、それらを繋ぐというプロセスを経て完成に至っており、街と生活形成という視点で生み出された珍しい好例と言える。店舗棟屋上と一体的に配置したテラスや共用施設の工夫も好印象であった。

 多岐にわたる環境への取組もこの物件の特徴で、各戸に配備した家庭用燃料電池による大幅なCO2削減対策、化学物質を抑制する室内壁素材と換気による空気環境向上の他、非常時の電源多重化に代表される多くの防災対策など、新しい技術や仕組みが多く取り入れられている。見た目にわかりやすい華美なエントランスや外装の主張が強い高層マンションが多い中で、長く住む人の快適性に貢献できる機能を追求したコンセプトが高く評価された。

(選考有識者会議委員・宮嶋 有樹)

VALTHAUS(賃貸)

所在地:西区靱本町1丁目
事業者:株式会社FUKU BLD.
設計者:株式会社若林広幸建築研究所
施工者:株式会社松村組 大阪本店
構造・規模:鉄筋コンクリート造、地上9階、14戸

撮影者:松村芳治

 建築は、場所との応答でつくられる。その場所に、そして周辺の状況の中で、そこにしかない建築、そこにあるのが最もふさわしい建築とは何かを探り出し、施主や施工者等との協働作業で実現される。だが、答えは一つではない。まちは多様な要素で成り立ってほしい。多様な考えで、多様な価値観を持つ人々で成り立ってほしい。建ちならぶ建築群も、その多様さゆえに魅力的な街なみとなってほしい。

 VALTHAUS(賃貸)は、そんな建築を目指していると思える。北に東西街路をはさんで靭公園を臨み、南にも東西街路に面する立地。アクセス空間を中に挟み、南北に多様な機能に対応できるシンプルな住戸を配する構成。特色は「居住空間を超える開放感」と称する2.75メートル以上確保された天井高(階高は約4メートル)と豊かなバルコニー。住宅としても適度な丁寧さ。適切と思える住戸毎の好ましい差異を創出する内部空間と外部ファサード。小さな玄関ロビーも、良質なテイストと空間性によって気持ち良い。以上を総合して、本賞にふさわしい作品と評価された。

(選考有識者会議委員・江川 直樹)

第7回大阪市ハウジングデザインシンポジウム 「『建築のチカラ』令和のハウジングデザインを考える」

日時

令和2年3月22日(日曜日) 13時30分から16時(13時開場)

場所

大阪市立住まい情報センター 3階ホール(大阪市北区天神橋6-4-20

(最寄駅)

  • Osaka Metro谷町線・堺筋線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目」3号出口すぐ
  • JR環状線「天満」から北へ約650メートル

電話 06-6242-1160

次第

13時30分 開会

【表彰式】 第33回大阪市ハウジングデザイン賞賞状贈呈/講評/受賞住宅紹介
【記念講演】
岸 和郎 氏 (建築家、ケイ・アソシエイツ主宰)

【トークセッション】 
髙田 光雄 氏 (京都美術工芸大学教授、京都大学名誉教授、大阪市ハウジングデザイン賞選考有識者会議委員長)
岸 和郎 氏 (建築家、ケイ・アソシエイツ主宰)
遠藤 克彦 氏 (建築家、株式会社遠藤克彦建築研究所 代表取締役)

16時 閉会

参加募集
  • 参加費:無料
  • 定員:100名 (注)申込先着順 
  • 応募方法
    郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号をご記入いただき、ファックスまたは郵便にて申込先まで送付してください。また、ホームページからも申込できます。
     https://www.sumai-machi-net.com/event/portal/event/33651別ウィンドウで開く
申込先・問合せ先
  • 〒530-8582
    大阪市北区天神橋筋6丁目4番20号
    大阪市立住まい情報センター4階
    住情報プラザ「第7回大阪市ハウジングデザインシンポジウム(3/22)」係
  • 電話 06-6242-1160
    ファックス 06-6354-8601
  • 開館時間
    平日・土曜日 9時から19時
    日曜日・祝日 10時から17時
  • 休館日
    火曜日  (祝日の場合は翌日)
    祝日の翌日(日曜日、月曜日の場合を除く)
    年末年始(12月29日から1月3日)
主催

大阪市/大阪市立住まい情報センター

協力

大阪市マンション管理支援機構

取材について

  • 取材を希望される場合は、令和2年3月19日(木曜日)17時までに、都市整備局企画部住宅政策課民間住宅助成担当(06-6208-9226)までご連絡ください。
  • 取材に際しては、自社腕章、社員証(記者証)、または「市政記者カード」のいずれかを見えやすいところに着用してください。腕章等を着用していない方の取材はお断りすることがありますのでご注意ください。
  • 取材中は、式の進行を妨げないよう、職員の指示、誘導に従っていただくなどご協力をお願いします。
  • カメラ取材は所定の位置でお願いします。
  • 1社1カメラでお願いします。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 第33回大阪市ハウジングデザイン賞受賞住宅が決定しました ~ シンポジウムにて表彰式を行います ~