ページの先頭です

報道発表資料 「大阪市立加賀屋小学校外壁改修その他工事」における事故の発生について

2020年1月16日

ページ番号:491839

問合せ先:都市整備局企画部施設整備課(06-6633-2301)

令和2年1月16日17時45分発表

  令和2年1月16日(木曜日)15時40分頃、大阪市立加賀屋小学校の構内において、外壁改修その他工事の施工中、施工業者が塗装材料の溶剤の一斗缶を屋上に荷揚げする際、誤って落下させ、一斗缶の内容物を小学校の児童及び教諭に飛散させる事故が発生しました。

 都市整備局においては、定期的に安全対策について指導に努めてまいりましたが、この度事故を発生させ、負傷された方には心よりお詫びとお見舞いを申し上げますとともに、今後事故の原因究明と再発防止に取り組んでまいります。

1 発生日時

 令和2年1月16日(木曜日)15時40分頃

2 発生場所

 大阪市立加賀屋小学校 (住所:大阪市住之江区北加賀屋2丁目5-26)

3 発生状況と当該事故による負傷者の状況

・防水材の溶剤(シンナー系の一斗缶18リットル)をウインチで屋上搬入していたところ、地上に落下させてしまい溶剤が飛散しました。

・この落下により、周辺にいた児童(8名)及び教諭(1名)に溶剤がかかり、3名の児童には目に、5名の児童には皮膚に飛散しました。なお、教諭の飛散箇所は現在のところ不明です。

・学校が消防に連絡し、児童8名及び教諭1名を救急搬送しました。

探している情報が見つからない