ページの先頭です
  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 新型コロナウイルスの影響を踏まえ、インターネットカフェ等の利用制限等に伴い緊急に居所の確保を必要とされている方も、「解雇された派遣社員等への市営住宅の提供」の対象者とします

報道発表資料 新型コロナウイルスの影響を踏まえ、インターネットカフェ等の利用制限等に伴い緊急に居所の確保を必要とされている方も、「解雇された派遣社員等への市営住宅の提供」の対象者とします

2020年4月21日

ページ番号:501497

問合せ先:都市整備局住宅部管理課(06-6208-9260)

令和2年4月21日 14時発表

 大阪市では、従来より、解雇・雇止めにより社宅や寮等の住宅の退去を余儀なくされ住宅確保を必要とされている方に対して、一時的な居住の場として市営住宅を期限付きで提供しておりますが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による影響を踏まえ、次のとおり対象者を拡充いたします。

新たに申込可能とする対象者

 令和2年4月7日に行われた新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言を踏まえ、大阪府知事による要請により、インターネットカフェ、漫画喫茶その他の居住の不安定な者の一時的な居所となっている施設(本市の区域内にあるものに限る。)の利用が制限又は停止されるなどに伴い居所を失った者で、緊急に当該施設に代わる居所の確保を必要とされている方(以下「ネットカフェ等利用困難者」といいます。)

 このネットカフェ等利用困難者に該当する旨を「解雇された派遣社員等を対象者とする市営住宅入居者募集要領」記載の書類等で確認できた方につきましては、下記「解雇された派遣社員等への市営住宅の提供」の入居者資格1及び2を具備するものとみなします。

ネットカフェ等利用困難者の方は、住民票、収入証明等に加え次の書類の提出が必要です。

  • 市内にあるネットカフェ等の施設を居所としていたことが確認できる書類
    原則として、利用施設の会員証及び利用時の領収書(レシート)(ただし、大阪府知事による休業要請があった令和2年4月14日(火曜日)の前1か月以内の利用分に限る。)
  • 申立書(本市所定の様式)

(注)上記書類がない場合は相談に応じます。

「解雇された派遣社員等への市営住宅の提供」の実施概要
提供戸数
15戸(うち14戸は若年(60歳未満)の単身者も申込可)
使用期間
1年以内(必要な場合は1年延長可)
使用料(家賃)
収入等に応じた使用料(応能応益家賃)
月額18,600円~(住宅により異なります)
敷金は免除、共益費・光熱水費等は入居者負担
募集期間
随時募集中(先着順)
ただし、ネットカフェ等利用困難者の申込は、令和2年4月22日(水曜日)より受付開始します。
受付方法

大阪市住まい公社 管理課 募集担当までお電話ください。(電話 06-6882-7024
入居者資格や希望される住宅等を確認のうえ、ご来所いただく日時をご案内いたします。
ご来所いただくのは、大阪市立住まい情報センター5階(大阪市北区天神橋6丁目4番20号)となります。
 

入居者資格
次の1から3の要件の全てに該当すること
  1. 解雇等により社宅等の退去を余儀なくされている方であること(ただし、当該社宅等を退去した日から1月を経過していない方を含む。)
  2. 1の社宅等が大阪市内にある方、又は解雇等(解雇等の予告を含む。)された事務所若しくは事業所(解雇等された方が実際に就労していた事務所又は事業所(解雇等の予告を受けている方は、その方が現に就労している事務所又は事業所))が大阪市内にある方であること
  3. 入居者及び現に同居し、又は同居しようとする親族(内縁関係を含む。)が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)でないこと

(注)なお、同居しようとする方がある場合、その方は申込者の親族に限ります。

(注)詳細につきましては、「解雇された派遣社員等への市営住宅の提供について」をご覧ください。

探している情報が見つからない

  • トップページ
  • 報道発表資料
  • 報道発表資料 新型コロナウイルスの影響を踏まえ、インターネットカフェ等の利用制限等に伴い緊急に居所の確保を必要とされている方も、「解雇された派遣社員等への市営住宅の提供」の対象者とします