ページの先頭です

報道発表資料 大阪くらしの今昔館 企画展「博覧会の世紀1851ー1970」を開催します

2020年12月25日

ページ番号:521152

問合せ先:大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」(06-6242-1160)

令和2年12月25日 14時発表

 大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」では、令和3年2月20日(土曜日)から令和3年4月4日(日曜日)までの間、企画展「博覧会の世紀1851-1970」を開催します。

 博覧会の歴史は1851年のロンドン万博に遡り、その後、欧米各国で開催されるようになります。世界中の国々で、今日に至るまで実に数千回にも及ぶ博覧会が開催され、日本においても明治以降、多種多様な博覧会が開催されてきました。時代とともに博覧会の内容や展示手法は進化し、開催目的や性格も大きく変わっていきました。博覧会はその時代における社会的な要求や世相を映す鏡であったといえます。

 本展では19世紀から20世紀の博覧会を俯瞰(ふかん)し、時代とともに変わってきた人々の価値観や他者へのまなざしを読み解くとともに、特に、大阪を会場とした博覧会に焦点を当て、大阪の人々の生活スタイルや娯楽、都市文化に与えた影響を考察します。

概要

会期

令和3年2月20日(土曜日)から令和3年4月4日(日曜日)まで

開催時間
10時から17時まで(入館は16時30分まで)
会期中の休館日

毎週火曜日(祝日を除く)

入館料

企画展のみ 300円
常設展と企画展 一般800円(団体700円)、高校生・大学生500円(団体400円)(要学生証提示)
(注)団体は20名以上
 年間パスポート、大阪周遊パスでもご入場いただけます。
 中学生以下、障がい者手帳等持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料です。(要証明書提示)

会場
大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」企画展示室(大阪市北区天神橋6丁目4-20大阪市立住まい情報センター8階)
交通
Osaka Metro堺筋線・谷町線、阪急電鉄「天神橋筋六丁目駅」3番出口から直結、JR大阪環状線「天満駅」から北へ650メートル
ホームページ:大阪くらしの今昔館ホームページ別ウィンドウで開く
ご来館にあたっての注意事項
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、ご来館のみなさまへマスクの着用や手指のアルコール消毒などのお願いをさせていただいておりますので、ご来館にあたっては、事前に大阪くらしの今昔館ホームページ別ウィンドウで開くをご確認ください。

主な展示内容

大礼奉祝交通電気博覧会

大礼奉祝交通電気博覧会鳥瞰(ちょうかん)図

明治三六年之大阪

第5回内国勧業博覧会「明治三六年之大阪」毎日新聞社発行

1970年大阪万博ペナント

1970年大阪万博ペナント1

1970年大阪万博ペナント

1970年大阪万博ペナント2

探している情報が見つからない