ページの先頭です

報道発表資料 「令和4年度一般会計補正予算(第2回)外1会計」案について

2022年5月6日

ページ番号:565521

問合せ先:財政局財務部財務課財務グループ(06-6208-7714)

令和4年5月6日 13時発表

 大阪市は、新型コロナウイルス感染症対策に係る経費等を追加することとしています。

補正予算案の概要(令和4年度一般会計補正予算 第2回 外1会計)

1.新型コロナウイルス感染症対策関連経費
(1)商品券を活用した需要喚起事業 66億200万円

市内小売店舗等への支援として、プレミアム付き商品券の発行を通じた需要喚起策を実施
商品券の概要(想定)

  • 額面総額:1口 13,000円分(販売価格 10,000円+プレミアム分 3,000円)
  • 購入上限:1人あたり4口まで購入可能
  • 対象店舗:市内の登録店舗(飲食店、宿泊施設、旅行業等を除く)
  • 利用期間:令和4年11月~令和5年2月(予定)
(2)上下水道料金の減額による市民生活への支援 78億3,900万円

新型コロナウイルス感染症や原油価格・物価高騰などの影響を受けている市民等に対し、生活支援として上下水道料金に係る基本料金を減額

(3)生活困窮者自立支援金の支給 8億4,800万円

制度延長に伴う支援金の追加

  • 対象:社会福祉協議会が行う緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯
    (借入限度額に達している世帯や再貸付不承認とされた世帯)
    (注)国が定める収入等の要件を満たす必要あり
  • 支給額(月額)
    <国基準>単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円
    <本市独自加算>世帯人員4人目以降1人につき2万円(上限10万円)
(4)高齢者施設等への支援 46億4,700万円
新型コロナウイルス感染症により施設内療養を行う高齢者施設等に対し、施設内療養者1名につき1日あたり最大3万円(最大15日間)を補助
2.塾代助成事業 1億100万円
令和5年4月に予定している小学5・6年生への助成対象の拡大に向けた準備経費
3.エレベーター防災対策改修補助事業 2,200万円
共同住宅の既設エレベーターにおける挟まれ事故や地震時の閉じ込め事故等を防止するため、建物所有者が行う防災対策改修工事に対する補助制度を創設
<港営事業会計>
4.南港埋立地(咲洲地区)の売却に伴う土地売却原価の追加 4億4,200万円
(注)別途、土地売却収益(11億8,700万円)の追加
補正予算案総括表(単位:千円)
 今回補正額現在予算額補正後予算額
一般会計 
総務費7,839,143 116,620,791 124,459,934
福祉費5,495,774 588,180,627 593,676,401
こども青少年費101,101 230,910,131 231,011,232
経済戦略費6,602,000 37,600,003 44,202,003
土木費21,850 150,903,108 150,924,958
その他-725,956,092 725,956,092
20,059,868 1,850,170,752 1,870,230,620
特別会計 
港営事業会計441,833 48,381,580 48,823,413
その他-1,572,368,492 1,572,368,492
441,833 1,620,750,072 1,621,191,905
総計20,501,701 3,470,920,824 3,491,422,525
純計20,501,701 2,694,013,415 2,714,515,116
一般会計補正予算の財源内訳
  • 国庫支出金 8億4,417万9千円
  • 府支出金 46億4,746万円
  • 繰入金 145億6,822万9千円
    (うち財政調整基金 145億6,822万9千円)

探している情報が見つからない