ページの先頭です

報道発表資料 「令和4年度一般会計補正予算(第4回)外2会計」案について

2022年9月6日

ページ番号:577299

問合せ先:財政局財務部財務課財務グループ(06-6208-7714)

令和4年9月6日 13時発表

 大阪市は、新型コロナウイルス感染症対策に係る事業費等の追加及び執行状況の精査に伴う事業費等の減額を行うほか、債務負担行為を追加することとしています。

  • 補正予算額
    一般会計 185億1,200万円
    特別会計 11億800万円
    全会計 196億1,900万円

補正予算案の概要(令和4年度一般会計補正予算 第4回 外2会計)

1.新型コロナウイルス感染症対策関連経費 205億7,100万円

感染拡大に伴う保健所体制の強化等に係る所要経費の追加

  • 新型コロナ受診相談センターの運営
  • 保健所における健康観察体制の強化
  • 新型コロナウイルス感染症軽症者等自宅療養者への配食サービス事業 など
2.原油価格・物価高騰等に伴う事業費の追加
(1)中央こども相談センター建替整備 (債務負担行為 9,500万円)

建築資材の価格高騰等に伴う債務負担行為の追加

(2)弘済院の認知症医療・介護機能を継承・発展させる新施設の整備 (債務負担行為 17億4,900万円)

土壌汚染対策及び建築資材の価格高騰等に伴う債務負担行為の追加

(3)(仮称)区画整理記念・交流会館整備事業 -22億4,900万円 (債務負担行為 31億300万円)
地中障害物の撤去等による工期の変更及び建築資材の価格高騰等に伴う債務負担行為の追加等
(4)地方選挙事務 (債務負担行為 3,000万円)
ポスター掲示場作成に係る掲示板材料の価格高騰等に伴う債務負担行為の追加
<中央卸売市場事業会計>
(5)中央卸売市場運営費 9億2,300万円
電気料金の高騰に伴う電気使用料の追加
<食肉市場事業会計>
(6)南港市場運営費 1億8,500万円
電気料金の高騰に伴う電気使用料の追加
3.大阪公立大学感染症研究推進事業 500万円
感染症に強い都市づくりに向けた機能強化として、国際感染症研究センターにバイオセーフティレベル3施設を整備するため、所要経費(基本設計)を大阪公立大学に交付
補正予算案総括表(単位:千円)
 今回補正額現在予算額補正後予算額
一般会計 
総務費-1,698,954 124,459,934 122,760,980
健康費20,571,031 111,453,878 132,024,909
経済戦略費185,013 44,202,003 44,387,016
教育費-550,479 209,846,463 209,295,984
大学費4,983 25,673,498 25,678,481
その他-1,359,280,117 1,359,280,117
18,511,594 1,874,915,893 1,893,427,487
特別会計 
食肉市場事業会計185,013 2,085,585 2,270,598
中央卸売市場事業会計922,692 13,206,126 14,128,818
その他-1,640,781,553 1,640,781,553
1,107,705 1,656,073,264 1,657,180,969
総計19,619,299 3,530,989,157 3,550,608,456
純計19,434,286 2,754,081,748 2,773,516,034
一般会計補正予算の財源内訳
  • 国庫支出金 49億494万8千円
  • 府支出金 116億2,514万9千円
  • 繰入金 19億8,149万7千円
    (うち財政調整基金 19億8,149万7千円)
(別途)債務負担行為の補正
一般会計 49億7,700万円

探している情報が見つからない