ページの先頭です
メニューの終端です。

第3回 生野区持続可能なまちづくり活動支援事業報告会を開催しました!

2019年1月7日

ページ番号:427988

第3回生野区持続可能なまちづくり活動支援事業報告会を開催しました

第1回生野区持続可能なまちづくり活動支援事業に認定された「まちのえんがわ」「いくのの日・わがまちセレクション」、第3回生野区持続可能なまちづくり活動支援事業に認定された「いくすく子ネクト」が、平成29年度の活動報告を行いました。

開催概要

【日時】平成30年2月21日(水曜日) 午前10時00分~11時00分

【場所】生野区役所 5階503会議室

【講評】直田 春夫(特定非営利活動法人NPO政策研究所 理事長)

藤原 明(りそな総合研究所 リーナルビジネス部長)


報告概要

まちのえんがわ

 「縁側」という内と外を繋ぐ日本の伝統的建築手法を用い、コミュニティスペースの役割やものづくりワークショップで集客によってまちを活性化させ、また、まちにひらき、まちのひととのコミュニケーションを創発し、まちの内と外のひとを繋ぐハブ機能となりながら新たなコミュニケーションを創造する取組みを実施。

 報告会では、毎月1回の「空き家カフェ」や多種多様なものづくりワークショップの取組みについて発表されました。

(講評)

・空き家という今まさに地域課題であることに取り組まれており、さらに結果を出しているところがすばらしい。

・様々な取組みを通じて、出会いを「仲介」されている。

・区が支援している事業であるが、区も支援されているといっても過言ではなく、お互いにプラスの関係が築けている。

・認定期間は終了するが、引き続きさまざまな活動の展開を期待している。

いくのの日・わがまちセレクション

 町工場の見学会や商店の特売日など、生野区内で行われているまちを盛り上げる活動を「いくのの日」の参画事業として認定し、旗を配布し、毎月19日の「いくのの日」を軸に、それら一つ一つの取り組みをつなぎあわせることで、まち全体を盛り上げていく取組み。

 報告会では、活動は一定広まっており、今後持続して活動していくにあたり、旗を有料で配布するなど参画事業の認定方法の工夫や、窓口を4つの支所にわけて活動していくことなどを検討されている旨報告がありました。

(講評)

・他の事業と連携できるところがいい。旗を販売するのも活動の幅を広げる可能性もあり、とてもいいと思う。

・区などが実施するシティプロモーションとは別に、自由に取組みが広がっていけるところがいいところ。それを生かしながら、かつ、持続していけるよう、無理なく進めてほしい。

・認定期間は終了するが、これからの活動に期待している。

いくすく子ネクト

 生野区で育児に関わる人達が繋がり、皆が笑顔で楽しく子育てできるよう孤立しがちな子育て期を共に寄り添い、支え合い、育ち合う事を目的とする取組み。

 報告会では、いくすくカフェ(ママがつながる場の提供)やいくすく講座、イベントの開催について発表されました。

(講評)

・(家庭や仕事をしながらの活動のため)時間の制約が壁となっている中、LINEで打合せをするなど、その運営の仕方自体のノウハウが財産である。そのノウハウを広めてほしい。

・他の団体とのネットワークをうまく使っている。

・引き続き今の活動をベースに、少し冒険的なことにも挑戦してみてほしい。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

生野区役所 地域まちづくり課
電話: 06-6715-9017 ファックス: 06-6717-1163
住所: 〒544-8501 大阪市生野区勝山南3丁目1番19号(生野区役所4階)