ページの先頭です
メニューの終端です。

生野区リノベーションまちづくりプロジェクト~学校跡地をみんなの学校へ~

2019年9月17日

ページ番号:462013

生野区リノベーションまちづくりプロジェクト~学校跡地をみんなの学校へ~

【最新情報】

【生野区における小学校校地の考え方】

 大阪市においては、基本的に学校再編後の学校跡地については、売却することとなっています。しかし、生野区の西部地域は住宅密集地であり、避難所の必要性から「小学校の跡地に関しては防災拠点として残す」方針になっています。

 ただし、校舎や校地の管理に際しては、単に校舎を置いておくだけでも年間の維持管理費が500万円以上/校(最大9校分なので年間4500万円の維持費)かかります。行政だけの管理では、費用がかかり過ぎると同時に、持続可能な形になりません。また、月に数回の活用ではまちの活性化につながりません。

 そこで、まちの活性化や地域福祉・子育て支援・地域コミュニティの拠点として公民連携で校舎や校地を活用し、エリアの価値を向上させ、住みたくなるまちにするための「学校跡地を核としたリノベーションまちづくり」の構想策定に取り組み、平成30年度に構想案を策定するための調査研究やアンケートを行い、平成31年2月2日に「生野区リノベーションまちづくりフォーラム」にて、生野区の課題解決につながる公民連携の考え方や、学校をすべて「みんなの学校」としてまちに開き、アイデアを募り、生野のまち全体に学びがあふれる「まちぐるみ教育」という考え方が示されました。

 平成31年4月17日に「生野区西部地域の学校跡地を核としたまちづくり構想(案)」を公表し、多くの市民の皆さまからいただいたご意見を踏まえて令和元年6月に「生野区西部地域の学校跡地を核としたまちづくり構想」を策定しました。今後、再編の確定した小学校から構想の方向性にあわせて個別の具体的ない計画を検討していきます。

【個別の学校跡地検討会議はそれぞれ再編の決定時期に応じて立ち上げます】

「みんなの学校」がmちの潜在力を発掘・編集し、まち全体でみんなで学べる「まちぐるみ教育」を実現する
別ウィンドウで開く

学校跡地検討会議について

 小学校ごとに校舎・校地の利活用を検討する「学校跡地検討会議」を設置し、地域の住民の方のニーズ等を踏まえながら、学校校舎・校地を核としたまちづくり・まちの活性化、さらには持続可能な活用方法を検討・意見交換し、活用計画を策定していきます。

生野小学校 学校跡地検討会議の開催状況

御幸森小学校 学校跡地検討会議の開催状況

【「リノベーションまちづくり」とは?】

空き家・空き地・空き店舗など遊休不動産を、できるだけ元の良さを活かしてリノベーションしてまちの活性化や雇用の創出などの効果を産み、エリアの価値を向上させる公民連携のまちづくりです。

生野区版・リノベーションまちづくりイメージ
別ウィンドウで開く

生野区では「学校跡地活用」の計画づくりと並行して、区内の空き家対策にも取り組んでいきます。一方で民間の不動産オーナーや事業者の協力も不可欠ですので、区民向け・事業者向けの啓発も引き続き行っていく予定です。

【これまでの取り組み】

平成30年度の取り組み

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市生野区役所地域まちづくり課
住所: 〒544-8501 大阪市生野区勝山南3丁目1番19号(生野区役所4階)
電話: 06-6715-9919 ファックス: 06-6717-1163

メール送信フォーム