ページの先頭です
メニューの終端です。

第4回 生野区持続可能なまちづくり活動支援事業報告会を開催しました!

2021年12月24日

ページ番号:465780

第4回生野区持続可能なまちづくり活動支援事業報告会を開催しました

第3回生野区持続可能なまちづくり活動支援事業に認定された「いくすく子ネクト」、第4回持続可能なまちづくり活動支援事業に認定された「学習サポート教室「DO/CO」(どこ)&「DO-YA」(どぉや)」「こころと絆プロジェクト」が、平成30年度の活動報告を行いました。

開催概要

【日時】平成31年2月18日(月曜日) 午後1時30分~2時30分

【場所】生野区役所 5階503会議室

【講評】直田 春夫(特定非営利活動法人NPO政策研究所 理事長)

藤原 明(りそな総合研究所 リーナルビジネス部長)

田中 晃代(近畿大学准教授)


報告概要

いくすく子ネクト

 生野区で育児に関わる人達が繋がり、皆が笑顔で楽しく子育てできるよう孤立しがちな子育て期を共に寄り添い、支え合い、育ち合う事を目的とする取組み。

(講評)

・5人のメンバーで数多くの講座やイベントを企画、開催している。

・無理のない範囲での活動をモットーとされており、活動を持続させることを大切にしている。必要時には、メンバーの入れ替わりなどにも柔軟に対応しながら、今後も活動を広げていってほしい。

学習サポート教室「DO/CO」(どこ)&「DO-YA」(どぉや)

 子どもの貧困化と多文化共生を課題とし、小中学生を対象に、学習サポートと、体験活動を実施し、子どもの「自学自習」する生活態度や自尊感情を醸成する取組み。

(講評)

・自習室などはプレハブのようなスペースが多い中、明るくとてもいい雰囲気の場所で開催していることがとてもよい。

・何かしたいという思いを持った地域や企業とうまくつながっている。

・関わった子どもが大きくなって、支援する側として戻ってきて、継続のサイクルがまわればいいなと思う。

こころと絆プロジェクト

障害をもつお子さんのお母さん、不登校など子育てで悩まれるお母さんなどを対象として、相談窓口を開設し、カウンセリングなど悩みに一緒に向き合う活動。

(講評)

・相談者の悩みなどに関わることは、しんどいこともあると想像されるが、ボランティアでやっているという感覚ではなく、いろんなものをいただいているという感覚とのこと。活動を継続するためには、モチベーションにつながるものが大切なので、工夫しながら活動していってほしい。

・活動を継続させるための担い手について、適宜SNSなどを通じて、うまく巻き込んでいる。

報告会の様子1
報告会の様子2
報告会の様子3

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

生野区役所 地域まちづくり課
電話: 06-6715-9017 ファックス: 06-6717-1163
住所: 〒544-8501 大阪市生野区勝山南3丁目1番19号(生野区役所4階)