ページの先頭です
メニューの終端です。

第5回 生野区持続可能なまちづくり活動支援事業が決定しました!

2019年4月18日

ページ番号:466280

第5回 生野区持続可能なまちづくり活動支援事業が決定しました!

 生野区では、区内の現状と課題を踏まえて、多様な主体(民間事業、NPO、大学、市民団体など)が取り組まれるまちづくり活動を支援し、多様な協働による地域社会づくりを促進するために、事業提案を募集しました。認定にあたっては、外部の有識者による審査会議を経て、次のとおり事業を認定し、今後、広報支援などを行い、多様な協働による地域社会づくりを促進します。

認定事業

1 多文化共生の生野区モデルの構築事業

(1)事業名称 多文化共生の生野区モデルの構築事業

(2)団体名称 IKUNO・多文化ふらっと

(3)代表者  金 相文

(4)事業内容 

  生野区における人権尊重を基調として多文化共生のまちづくりをめざして、市民主導による人的交流と議論、情報交換と共有、学ぶ場となるプラットホームをつくり、多文化共生の生野区モデルの構築をめざす取組みをされています。

(5)選定委員からの評価・意見等

・プラットホームという理念・しかけがよい。

・いろんな団体・個人との連携により、幅広く展開できる可能性があり、評価できる。

・実現にあたり、ボランティア団体・NPO法人が多い生野区でなぜ今まで総合的なプラットホームがなかったのかを検証し、地域活動協議会など、地域団体との連携について考えていく必要がある。

・多文化交流センター(仮)の必要性についてはよくわかるので、持続可能な活動をしていくため、収益性についても考えていってほしい。

2 この町が好き!まちの拠り所~Yosuga~「猪飼野」からの発信

(1)事業名称 この町が好き!まちの拠り所~Yosuga~「猪飼野」からの発信

(2)団体名称 一般社団法人ひとことつむぐ

(3)代表者  足立 須香

(4)事業内容 

  だれもが自分らしく安心して生活できるための、出会いと学びの場としての「まちの拠り所」を設け、「この町ええやん、好きやで!」といえるまちづくりをめざす取組みをされています。

(5)選定委員からの評価・意見等

・拠点やネットワークを持ち、それぞれの専門性をうまく活かした仕組みを構築しており、実現可能性が高く、評価できる。

・こどもが若い担い手として地域の中で循環するしくみであり、将来性がある。

・新たに住民になった層への働きかけについても考えていってほしい。

・持続可能な活動をしていくため、収益性についてもしっかり考えていってほしい。

・ママさん世代や他の団体・行政などともうまく連携していってほしい。

選定結果について

選定結果についてはこちらから

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市生野区役所 地域まちづくり課

〒544-8501 大阪市生野区勝山南3丁目1番19号(生野区役所4階)

電話:06-6715-9734

ファックス:06-6717-1163

メール送信フォーム