ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

セアカゴケグモに注意しましょう!

2018年7月1日

ページ番号:137084

 外来種のセアカゴケグモは、平成7年に大阪府下で初めて発見されて以降、現在は大阪市域を含む大阪府下などで広く生息が確認されています。

セアカゴケグモの特徴

どんな形をしているの?

体長は、メスが10mm、オスが4mm前後の大きさです。

メスは全体が黒色で、背中と腹部にある赤い模様が特徴です。

中に100~200個程度の卵が入っている卵のうは、直径10~15mmで乳白色をしています。

 

セアカゴケグモ(メス)の写真
別ウィンドウで開く

セアカゴケグモ(メス)

セアカゴケグモの卵のうの写真
別ウィンドウで開く

卵のう

どこにいるの?

日当たりが良い場所や暖かい場所を好み、花壇やブロックの穴、墓石の隙間、側溝のふた裏などでよく発見されています。 動きの鈍くなる冬期では自動販売機の裏や公衆トイレの電灯などの暖かい場所に潜んでいることがあります。

 

生息場所の図
別ウィンドウで開く

セアカゴケグモの生息場所

セアカゴケグモの対処方法

どんなことに注意したらいいの?

比較的おとなしいクモですが、気づかずにうっかり触ってしまうと咬まれる事があるので、注意が必要です。

ガーデニングや溝掃除の時は、軍手を着用するなどして咬まれないようにしましょう。

また、セアカゴケグモを発見した場合は、素手で捕まえたり触ったりせずに、足で踏み潰すか市販の殺虫剤などで駆除してください。

 

もし、咬まれたらどうしたらいいの?

もし咬まれたときは、痛みを感じ、腫れや発熱などを生じる事があります。

患部を水でよく洗い清潔にして、早急に医療機関の診察を受けてください。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市城東区役所 保健福祉課(保健福祉センター)生活環境グループ

〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所2階)

電話:06-6930-9973

ファックス:06-6930-9936

メール送信フォーム