ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

平成26年度 城東区運営方針

2015年6月10日

ページ番号:243144

平成26年度 城東区運営方針

【区の目標(何をめざすのか)】

人が輝き、活気にあふれ、まちが輝き、愛着のある、「輝く城東区」
Ⅰ「住のまち」として、豊かなコミュニティ、人と人との絆が育まれていくこと
Ⅱ区の特性を活かし、「輝く城東区」をスローガンに、まちが活性化されていくこと

【区の使命(どのような役割を担うのか)】

人と人との絆を大切にし、地域でいきいきと活動されている城東区民の良さを活かし、これまで地域になじみのなかった人や新しく住まれた人、企業、NPOとも、力を合わせ、地域社会づくりを行います。

【平成26年度 区運営の基本的な考え方(区長の方針)】

城東区は、区将来ビジョンに基づき、「地域防災」「地域福祉」「地域まちづくり」の3つの分野を重点的に取り組みます。

「地域防災」

災害時要援護者支援に取り組むとともに、平成25年8月に大阪府より公表された、南海トラフ巨大地震による津波浸水被害が城東区内においても想定されることから、津波浸水対策についても重点的に取り組みます。

「地域福祉」

城東区地域福祉ビジョンを策定し、「住のまち」にふさわしい、共に生き、共に暮らす地域福祉の実現に向け、地域福祉ネットワークの構築に重点的に取り組みます。

「地域まちづくり」

自律した地域運営の実現に向けて地域活動協議会の地域活動を支援するとともに、区の都市魅力資源である城北川や歴史、文化などを活用した、城東区の魅力創出のための事業を展開し、愛着のある活気にあふれたまちづくりに重点的に取り組みます。

そのほか、窓口サービスの向上など区民に愛される区役所づくりや区民の意見を取り入れた特色ある区政運営の実現に重点的に取り組みます。また、ムダを徹底的に排除し、成果を意識した行財政運営に向けた取組として、人事制度の改革や保険料収納率の向上、事業進捗状況及び予算執行状況把握の徹底などに重点的に取り組みます。

 

重点的に取り組む主な経営課題

経営課題1 災害に強く、犯罪の少ない安全なまちへ

【主な戦略】

・災害時要援護者の支援と浸水災害時の垂直避難場所の確保、防災に対する住民意識の向上と自助・共助を基本とする地域防災力の向上
・地域、警察と連携・協働した、街頭犯罪抑止に向けたパトロールや防犯カメラの設置

【主な具体的取組(26年度予算額)】

1.災害時の福祉避難所への備蓄物資の配備と要援護者も参加した防災訓練の実施(予算額4,128千円)
2.区内事業所等への水害時高所避難や初期消火・救助の協力依頼と、地域の防災訓練や災害時図上訓練の促進(予算額12,057千円)
3.区内小学生への防犯ブザーの配布(予算額4,769千円)、子ども見守り隊と連携した安全パトロ―ルや青色防犯パトロール車の巡回(予算額270千円)、区内拠点への防犯カメラの設置(予算額3,142千円)

経営課題2 区民の皆さまが健康で安心して暮らせるまちへ

【主な戦略】

・大腸がん検診に重点を置いたがん検診全体の受診率の底上げ
・地域住民、NPO、企業など様々な福祉の担い手との協働により地域で支え合う地域福祉の推進
・子育て情報の発信強化による地域ぐるみの子育て支援体制の充実

【主な具体的取組(26年度予算額)】

1.区医師会、指定医療機関と連携した大腸がん検診の啓発と受診勧奨(予算額230千円)
2.ソーシャルインクルージョン~地域全体で考え支え合う地域福祉システムの構築(予算額23,114千円)
3.地域福祉についての講座や議論を開催し、地域で活かせる能力、人材の発掘と地域福祉参画の機会促進
4.子育て支援情報誌「わくわく城東」の普及拡大(予算額1,404千円)やメールマガジン会員登録の拡大

経営課題3 一人ひとりが「自分らしさ」を尊重し、楽しくまなび、人と人との絆を大切に、愛着や誇りを持って住み続けられるまちへ

【主な戦略】

・区民、地域団体、商店会等様々な団体が連携・協働した城東区の魅力づくりと区民同士の「つながり」「絆」づくり
・地域資源のひとつである城北川や歴史、文化を活用した城東区への愛着づくり

【主な具体的取組(26年度予算額)】

1.人と人とをつなぐ城東区の絆プロジェクトの推進:「城東区ゆめ~まち~未来会議」等と連携したSARUGAKU祭や第九演奏会などの実施と、城東区の魅力やオリジナルソーランのDVDの活用・PR(予算額766千円)
2.城東区魅力創出事業:地域の各種団体や「アイラブ城北川実行委員会」等と連携した、城北川フェスティバル、歴史・文化等の情報発信などの実施と、「城北川ニュース」の発行(予算額12,678千円)

経営課題4 地域課題の解決やまちづくりに様々な地域の活動主体が参加する自律的な地域運営、地域活動協議会の支援

【主な戦略】

・地域課題解決やコミュニティづくりに寄与する地域活動協議会の活動支援
・担い手拡大に向けた地域活動協議会の活動支援と、地域担当を通じた地域課題の情報収集、中間支援組織の支援による地域活動の安定化と住民への浸透

【主な具体的取組(26年度予算額)】

1.地域活動協議会の事業に対する補助金の交付と使途の公表(予算額41,796千円)
2.新たな中間支援組織の体制整備と中間支援組織を活用した地域活動支援(予算額19,349千円)

経営課題5 区民満足度の高い迅速・正確・丁寧な窓口サービスの提供

【主な戦略】

・住民情報窓口の証明発行業務の民間委託と来庁者への窓口サービスの向上
・保険年金窓口の来庁者への円滑な窓口サービスの向上
・市民サービス向上に向けた自主的に行動する職員育成

【主な具体的取組(26年度予算額)】

1.住民情報窓口の証明書発行業務の民間委託の円滑実施と、転出入時の手続き案内書や婚姻出生届時のお祝いカードなど窓口サービスの向上
2.国民健康保険窓口の待ち時間を活用した手続き前事前記入の説明補助と、回収するだけの書類の専用ポストの設置
3.城東区職員力向上基本プランに基づく研修計画の策定・実施と、研修前後の民間調査員による検証(予算額700千円)

経営課題6 区内の施策事業を区長が自らの権限と責任で実施する区政運営と区民の日常生活の安全・安心を担う総合拠点としての区役所

【主な戦略】

・多様な区民の意見・ニーズの把握と区民との対話と協働による区政運営の推進
・区政運営の戦略に基づいた効果的な情報発信
・日常生活に関する要望、相談について、総合的に把握できるシステム構築

【主な具体的取組(26年度予算額)】

1.区政会議等の開催による区民との対話と協働による区政運営(予算額717千円)
2.区民モニターや各種ミーティングの実施など、多様な区民ニーズの把握(予算額1,550千円)
3.区広報紙、ホームページ、ツイッターを活用した区政の情報発信(予算額15,825千円)

ムダを徹底的に排除し、成果を意識した行財政運営に向けた主な取組

【人事制度の改革】

住民情報担当業務の民間委託による職員の削減

【保険料収納率の向上】

自主的納付のない世帯に対する納付勧奨の促進、減免可能世帯に対する減免申請の勧奨など

【事業進捗状況及び予算執行状況把握の徹底】

月1回、予算執行状況調査を実施し、事業実施手法の効率化による不用予算と状況変化により予算不足が見込まれる事業の調整

 

平成26年度 城東区運営方針

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成26年度 城東区運営方針 中間振り返り自己評価シート

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

平成26年度 城東区運営方針 自己評価シート

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

策定経過

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

城東区役所 総務課 総合企画グループ
電話: 06-6930-9937 ファックス: 06-6932-0979
住所: 〒536-8510 大阪市城東区中央3丁目5番45号(城東区役所3階)

メール送信フォーム