ページの先頭です
メニューの終端です。
スマートフォン表示用の情報の終端です。

城東区役所保健福祉課(子育て教育)における児童手当にかかる事務処理漏れについて

2021年11月11日

ページ番号:548960

 大阪市城東区役所保健福祉課(子育て教育)におきまして、児童手当新規申請にかかる事務処理漏れがあったことが判明しました。

 このような事態を発生させ、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、市民の皆様の信頼を損ねることになりましたことを深く反省し、再発防止に努めてまいります。

1 事案の概要

 令和3年11月8日(月曜日)、城東区役所保健福祉課に、ある市民の方(以下「A氏」という。)から「令和3年8月18日に新規申請した児童手当が入金されていない」との連絡がありました。すぐに担当者が確認したところ、A氏は令和3年1月1日現在、他市町村に住民票があったため、所得情報の照会を行うことから、令和3年9月分の支給は「11月5日支払い」となる旨、令和3年9月21日(火曜日)にA氏に伝えていたにもかかわらず、他市町村への所得照会後の事務処理を失念し、支給ができていなかったことが判明しました。

2 支給遅延による影響額

令和3年9月分 15,000円

3 判明後の対応

 令和3年11月8日(月曜日)、A氏に謝罪するとともに経過を説明し、早急に児童手当を支給させていただく旨を説明し、了承を得ました。

4 原因

 担当者が所得照会後の事務処理を失念したこと、事務処理の進捗状況を職員間で共有できていなかったことが原因です。

5 再発防止策

 児童手当の事務処理に関して、進捗管理のチェック表を作成し、職員間で進捗状況を共有し、再発防止に努めます。