ページの先頭です

フィリピン共和国ケソン市との低炭素都市形成に向けた覚書を締結し、市長級政策対話を実施しました

2020年12月17日

ページ番号:447055

 大阪市は、平成30年8月30日(木曜日)に、ハーバート・M・バウティスタ フィリピン共和国ケソン市長と「ケソン市低炭素都市形成の実現に向けたケソン市-大阪市の協力関係に関する覚書」を締結し、覚書に基づく市長級政策対話を実施しました。

覚書の締結

日時

平成30年8月30日(木曜日) 11時から11時45分

場所

大阪市役所5階 市長公室(大阪市北区中之島1-3-20

出席者

大阪市長、ケソン市長 ほか

概要

両市は、締結した覚書に基づいて、次の内容に関する相互協力を実施していきます。

  • ケソン市の低炭素都市政策に資する基準や制度の策定
  • 温室効果ガス排出にかかる施策等に資する専門技術や知識の情報共有
  • 気候変動及び環境保全分野での官民連携プロジェクトの推進
  • ケソン市のキャパシティデベロップメント

ケソン市低炭素都市形成の実現に向けたケソン市-大阪市の協力関係に関する覚書

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

市長級政策対話

日時

平成30年8月30日(木曜日) 14時15分から17時

場所

ホテルニューオータニ大阪 マンハッタンクレイン(大阪市中央区城見1-4-1

出席者

大阪市副市長 田中清剛、ケソン市長 ハーバート・M・バウティスタ ほか

概要

 政策対話では、ケソン市の低炭素都市開発に関するイニシアティブについて意見交換を行うとともに、同市の低炭素都市形成に向けて、大阪市との都市間協力、JCMプロジェクトやアジア太平洋統合評価モデル(AIM)の活用による政策支援について情報を共有しました。

 今後、両市は、覚書に基づく市長級政策対話で、ケソン市の低炭素都市形成の進捗状況を確認するとともに、都市間協力の取組みを国内外に発信していきます。

司会が対話の開会を宣言する様子
別ウィンドウで開く

政策対話の開会

対話が行われた部屋で撮影された両市出席者の集合写真
別ウィンドウで開く

両市関係者の集合写真

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

環境局 環境施策部 環境施策課 都市間協力グループ
電話: 06-6630-3467 ファックス: 06-6630-3580
住所: 〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示