ページの先頭です

ごみの分別ってこんなメリットが

2019年3月20日

ページ番号:454043

ごみの焼却量はこんなにも減っています

 大阪市では、「地球環境の保全」「限りある天然資源の有効利用」といった観点から、これまでも循環を基調とした「持続可能な循環型社会」の形成をめざして、ごみ減量を含む様々な取り組みを推進しています。

 これまで、市民の皆さんにご協力をいただき、資源ごみ、容器包装プラスチック、古紙・衣類の分別収集を行うとともに、分別ルールの徹底などに取り組んできたほか、コミュニティ回収活動等への支援を行うなどによる減量施策に加え、市民・事業者・大阪市の連携によるごみの減量・リサイクルへご理解とご協力により、ごみの処理量について、平成3年度の217万トンをピークに、平成28年度は90万トンまで削減することができました。

ごみ処理量の推移

どんな効果があるの?

ごみ減量・3Rを推進することにより、ごみ処理に係る経費を大幅削減できます。

過去10年間のごみ処理にかかる経費では、市税投入額は、465億円から203億円へ、200億円以上の縮減、また、経常的な経費の削減のほか、ごみの減量により実現できる焼却工場数の削減(11工場から7工場:平成20年から平成26年に4工場廃止※住之江工場が建替えにより、現在は6工場)や最終処分場の延命により、非常に大きな財政効果があります。

ごみが減ると収集車両、焼却工場が削減されるイメージ

ごみが減ることにより、ごみ収集・輸送、焼却等にかかるコストが削減されます。

ごみの減量、リサイクル促進による、きれいな地球をイメージ

また、ごみを分別して出していただくことで、焼却するごみを減らし、より少ないエネルギーで運搬・焼却することができ、CO2の削減効果も高まります。

限りある資源の有効活用、一層のごみ減量を促進するため、分別排出へのご理解、ご協力をよろしくお願いします。

ごみの分別・排出方法等については、「家庭ごみの分別の徹底をお願いします」をご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局事業部家庭ごみ減量課市民啓発グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3259

ファックス:06-6630-3581

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示