ページの先頭です

環境局職員の海外出張報告について(ケソン市、平成31年1月)

2020年10月19日

ページ番号:460314

1 出張先

フィリピン国 ケソン市

2 出張期間

平成31年1月16日(水曜日)~19日(土曜日)

3 出張者

  • 環境局環境施策部 都市間協力担当課長代理 1名
  • 環境局環境施策部環境施策課 担当係長 1名

4 出張概要

大阪市は、ケソン市において、環境省の平成30年度低炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務として採択された工場などへの省エネ設備導入等にかかる実行可能性調査に官民連携で取り組んでいます。今回、同事業に関わって、主に次の取組みを実施するため、本市職員を派遣しました。

  • 都市間連携ワークショップへの参加
  • 今後の都市間協力等に関するケソン市との協議

5 主な出張目的と活動内容

都市間連携ワークショップへの参加

ワークショップを行う参加者の様子
別ウィンドウで開く

都市間連携ワークショップ

都市間連携ワークショップでは、 AIMモデルを活用したケソン市温室効果ガス排出量予測と対策による削減量に関する検討の結果、今年度の都市間協力事業調査成果報告等に関する発表が行われました。

今後の都市間協力等に関するケソン市との協議

協議では、次回市長級政策対話の実施等、今後の都市間協力について確認しました。

6 主な日程

  • 1月16日(水曜日)
    9時55分 関西国際空港発
    12時55分 ニノイ・アキノ国際空港着
  • 1月17日(木曜日)
    都市間連携事業(廃棄物処分場跡地への太陽光発電導入)に係る協議
    都市間連携事業(ごみ収集車両の省エネ化)に係る協議
  • 1月18日(金曜日)
    都市間連携事業ワークショップ(ケソン市環境保護廃棄物管理局)
    今後の都市間協力等に関する協議(ケソン市環境保護廃棄物管理局)
  • 1月19日(土曜日)
    14時25分 ニノイ・アキノ国際空港発
    19時15分 関西国際空港着

7 経費

総額 約14万円

(旅費:約 14万円)

上記の他、1名分の航空運賃・宿泊料については、環境省の公募事業「平成30年度低炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務」に関する費用として環境省が負担。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境施策部環境施策課都市間協力グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3262

ファックス:06-6630-3580

メール送信フォーム