ページの先頭です

大阪市葬祭施設指定管理予定者選定会議開催要綱

2019年11月22日

ページ番号:486425

(目的)
第1条 大阪市立斎場条例(昭和24年大阪市条例第31号。以下「斎場条例」という。)第17条、大阪市設霊園条例(昭和24年大阪市条例第32号。以下「霊園条例」という。)第20条の23又は大阪市立納骨堂条例(昭和24年大阪市条例第30号。以下「納骨堂条例」という。)第9条の7の規定により指定管理予定者を選定するに当たり、学識経験者その他市長が適当と認めた者から意見を徴するため、大阪市葬祭施設指定管理予定者選定会議(「選定会議」という。)を開催する。

 

(会議の委員)
第2条 選定委員は、葬祭、法律又は経営等に関する学識経験者その他市長が適当と認める者の中から、市長が委嘱する。

 

(座長)
第3条 選定会議に座長を置き、選定委員の互選によりこれを定める。

2 座長は、選定会議の議事を進行する。

3 座長に事故あるときは、あらかじめ座長の指名する選定委員がその職務を代理する。

 

(専門委員)
第4条 指定管理者による施設の管理運営状況に係る意見を聴取することを目的として、選定委員とは別に専門委員を委嘱することができる。

2 専門委員は、学識経験者その他市長が適当と認める者のうちから市長が委嘱する。

3 専門委員は、指定管理者の指定期間の最終年度の管理運営状況に係る意見聴取が終了したときは、解任されるものとする。

 

(解嘱)
第5条 選定委員は、指定管理予定者について、市会の議決を経ることをもって解嘱するものとする。

 

(会議)
第6条 選定会議は、市長が招集する。

 

(選定)
第7条 選定委員は、斎場条例第15条、霊園条例第20条の21又は納骨堂条例第9条の5の規定により提出された指定管理者指定申請書の内容を検討し、募集単位ごとに上位3番まで順位を付ける。ただし、1募集単位の指定申請者数が1の場合は、選定委員はその者の指定管理者としての適格性を審査するものとする。

2 選定委員は、前項の審査を行うための選定方法、選定基準その他選定に必要な事項について決定することができる。

3 市長は、必要があると認めるときは、関係者の出席を求め、その意見又は説明を聴くことができる。

 

(募集要項に対する意見)
第8条 市長は、指定管理者指定申請に係る募集要項を策定するに当たり、選定委員又は関係者に意見を求めることができる。

 

(施行細目)
第9条 この要綱の施行について必要な事項は、環境局長が定める。

 

附則
この要綱は、平成17年10月28日から施行する。

附則
この要綱の一部改正は、平成19年4月1日から施行する。

附則
この要綱の一部改正は、平成21年11月1日から施行する。

附則
この要綱の一部改正は、平成22年8月20日から施行する。

附則
この要綱の一部改正は、平成23年6月20日から施行する。

附則
この要綱の一部改正は、平成23年9月22日から施行する。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局事業部事業管理課霊園グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3135

ファックス:06-6630-3580

メール送信フォーム