ページの先頭です

レジ袋有料化について

2020年6月24日

ページ番号:506469

  • 2020年7月1日レジ袋有料化スタート

令和2年7月1日からレジ袋の有料化がスタートします

令和2年7月1日(水曜日)から、全国すべての小売店でプラスチック製買物袋(以下、「レジ袋」という。)の有料化が始まります。

エコバッグを常に携帯するなど、レジ袋の削減にご協力をお願いします。

どうして有料化するの?

プラスチックは、成型しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。

一方で、非常に便利な素材であるがため、廃棄物の発生、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題があり、私たちは、使用を抑制し、賢く利用していかなければなりません。

今回、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが私たちにとって本当に必要なものかどうかを考え、エコバッグを常に携帯する習慣が生まれるなど、環境にやさしいライフスタイルに変革していくことを目的としています。

レジ袋有料化におけるポイント

レジ袋有料化は、すべてのお店が対象なの?

個人経営の商店を含めて、すべてのお店が対象になります。スーパーマーケットやコンビニエンスストアをはじめ、ドラッグストア、百貨店、お土産物屋なども対象になります。

対象となる事業者と説明
  • 小売業を行っている
    主な業種が小売業でない事業者(製造業やサービス業など)も事業の一部として小売業を行っている場合は対象
  • 事業として行っている
    反復継続性などをもとに総合的に判断

すべてのレジ袋が有料化の対象なの?

消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製の買物袋が対象になりますが、対象外の袋もあります。
有料化の対象となる袋と対象外となる袋の判断ポイント
判断ポイント有料化の対象有料化の対象外となる例
素材プラスチック紙、布
持ち手持ち手あり持ち手なし
商品を入れるかどうか商品を入れる袋景品や試供品を入れる袋
辞退できるかどうか消費者が辞退できる袋が商品の一部
別の法令で決められたもの(例:免税の袋)

有料化の「対象外の袋」とはどのようなもの?

環境性能が認められ、その旨の表示がある買物袋は対象外になります。
対象外となる買物袋と理由
  • プラスチックフィルムの厚さが50マイクロメートル以上の買物袋
    繰り返し使用することが可能
  • 海の中で微生物によって分解され生態系などに悪い影響を及ぼす心配がない海洋生分解性プラスチックの配合率が100パーセントの買物袋
    海洋プラスチックごみ問題に寄与
  • トウモロコシやサトウキビなどが原料になっているバイオマス素材の配合率が25パーセント以上の買物袋
    地球温暖化に寄与

レジ袋は一枚いくらになるの?

レジ袋の価格は、それぞれのお店が決めることになります。

なお、一枚当たり1円以上の価格設定が必要になっています。

レジ袋有料化に関する問合せ先(経済産業省・環境省)

受付時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後6時15分まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)

関連リンク

私たちができることは?

レジ袋はいりません!出かけるときは、カバンに入れとこ、エコバッグ!

外出する際には、常にエコバッグを携帯したり、不要なレジ袋をもらわないようにするなど、ライフスタイルを見直してみましょう。

エコバッグは、食品などを入れるため、意外と汚れます。

エコバッグを選ぶ際は、お手入れのしやすさもポイントにしてください。

大阪市の取組

大阪市と大阪府は、2025年大阪・関西万博の開催地として、プラスチックごみゼロに向け、使い捨てプラスチック削減のさらなる推進を行うことを盛り込んだ「おおさかプラスチックごみゼロ宣言」を行いました。

その取組のひとつとして、大阪市では、急な買物の時も含めて、レジ袋を使用することのないよう、エコバッグを常に携帯する「大阪エコバッグ運動」を推進しています。

また、大阪市では、事業者、市民団体と連携し、それぞれの立場でレジ袋の削減に向け積極的に取組ことで、ごみ減量を推進するとともに、環境にやさしいライフスタイルへ変革を促すきっかけづくりになればと考え「レジ袋削減協定」を締結していただける事業者を募集しています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局事業部家庭ごみ減量課

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3259

ファックス:06-6630-3581

メール送信フォーム