ページの先頭です

大丸松坂屋百貨店とレジ袋削減に関する協定を締結しました

2020年7月8日

ページ番号:508169

大阪市は事業者・市民団体の3者による「大阪市におけるレジ袋削減に関する協定」を締結し、プラスチックごみゼロに向けた取組を進めています。

令和2年6月1日(月曜日)に株式会社大丸松坂屋百貨店と協定を締結しました。協定締結は15事業者目で百貨店との締結は初めてとなります。

今後も事業者・市民団体と連携し、3Rのさらなる推進などプラスチックごみゼロに向けた取組を進めていきたいと思います。

協定内容

  1. 株式会社大丸松坂屋百貨店は、「大阪エコバッグ運動」の一環として、店舗においてレジ袋無料配布を中止し、お客さまに対するエコバッグ持参の呼びかけ等に取り組みます。
  2. 株式会社大丸松坂屋百貨店は、「大阪エコバッグ運動」に係る取組み状況及びレジ袋削減の進捗状況について、定期的に大阪市に報告します。
  3. なにわエコ会議は、「大阪エコバッグ運動」の一環として、株式会社大丸松坂屋百貨店における「大阪エコバッグ運動」に係る取組を積極的に支援するとともに、エコバッグを常に携帯することを広く市民に呼びかけます。
  4. 大阪市は、「大阪エコバッグ運動」の一環として、株式会社大丸松坂屋百貨店における「大阪エコバッグ運動」に係る取組について、市民の理解と協力が得られるよう広報等により支援するとともに、急な時も含めてレジ袋を使用せずに買い物ができるよう、全ての市民(お客さま)がエコバッグを常に携帯する運動の拡大を目指します。
  5. この協定は、協定締結の日から、当面の間の協定締結事業者の取組を定めるものとします。
  6. この協定に定める事項を変更しようとするとき、この協定に定めのない事項で必要が生じたとき、又はこの協定に疑義が生じたときは、協定締結当事者で協議の上、定めるものとします。
  • 「大阪エコバック運動」とは
    急な買い物の時も含めてレジ袋を使用することのないよう、エコバッグを常に携帯する運動です。

協定締結先

事業者

株式会社大丸松坂屋百貨店

大丸大阪・梅田店

大丸松坂屋百貨店

市民団体

なにわエコ会議

(注)なにわエコ会議は、市民、環境NGO/NPO、学識経験者、行政が一体となって、さまざまな地球温暖化防止活動を推進し、人と環境が調和する「環境先進都市おおさか」の実現を図ることを目的とし、環境家計簿を活用した省エネ活動や出前講座などの環境教育の支援、環境マネジメントシステムの普及などの地球温暖化防止活動に取組んでいます。

市民団体、環境NGO/NPO、事業者団体、学識経験者ならびに行政の代表からなる「委員」と、設立趣旨および目的に賛同した個人および団体からなる「なにわエコパートナー」により構成しています。

大阪市におけるレジ袋削減協定

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

協定締結事業者(15事業者)

事業者(五十音順)

  • イオンリテール株式会社近畿カンパニー
  • イズミヤ株式会社
  • 株式会社イトーヨーカ堂
  • 株式会社エーコープ近畿
  • 生活協同組合おおさかパルコープ
  • カナート株式会社
  • 株式会社関西スーパーマーケット
  • 株式会社光洋
  • 株式会社コクミン
  • 株式会社ダイエー
  • 株式会社大丸松坂屋百貨店
  • 株式会社阪急オアシス
  • 株式会社平和堂
  • 株式会社マルヤス
  • 株式会社ライフコーポレーション

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局事業部家庭ごみ減量課市民啓発グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3259

ファックス:06-6630-3581

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示