ページの先頭です

フィリピン共和国ケソン市の低炭素都市形成に向けた局長級政策対話を開催しました(令和3年2月)

2021年3月31日

ページ番号:532169

政策対話について

日時

令和3(2021)年2月5日(金曜日) 15時から17時まで(日本時間)

場所

ウェブ会議

概要・目的

平成30(2018)年8月30日に締結したケソン市の低炭素都市形成に関する両市の覚書に基づき、政策対話を開催しました。

新型コロナウイルス感染症の影響で双方の渡航が不可能であったことから、協議の結果、今回の政策対話については、局長級でオンラインにより開催することとなりました。

内容

  1. 挨拶(ケソン市環境保護廃棄物管理局長、大阪市環境局長)
  2. ケソン市 プレゼンテーション「ケソン市気候変動対策アクションプラン」
  3. 大阪市 プレゼンテーション「大阪市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」
  4. 株式会社オリエンタルコンサルタンツ プレゼンテーション「都市間連携によるJCMプロジェクト」

 

意見交換

ケソン市庁舎における照明やエアコンに関する省エネ対策について

  • ケソン市庁舎では、照明は蛍光灯からLEDに変えようとしているところであり、エアコンは、エネルギー効率が低いものを使っているが、インバータ式のものに変えれば、効率化が進むと考えている、との説明がありました。
  • また、ケソン市からは、大阪・日本の製品や技術の将来的な導入について関心が示されました。

ケソン市におけるプラスチックごみ削減の取組みについて

  • ケソン市からは、スーパーマーケットなどにおける、使い捨てプラスチック袋の使用禁止に関する条例を制定しているとの説明がありました。また、プラスチック袋の代わりに紙袋を使うか、客がエコバッグを持って買物に行くように啓発指導しており、さらに、レストランやホテルでの、使い捨てのプラスチック製食器(スプーン、フォークなど)の使用禁止に関する条例も制定した、との説明がありました。
  • プラスチックごみ対策の取組みについて、両市で協力していくことを確認しました。

覚書について

令和3(2021)年8月が期限となっている現行の覚書については、更新していく方向で合意しました。

 

政策対話の様子

政策対話の様子(大阪市側)

政策対話の様子

政策対話の様子(全体)

政策対話の様子

政策対話の様子(パソコン画面)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境施策部環境施策課都市間協力グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3262

ファックス:06-6630-3580

メール送信フォーム