ページの先頭です

UNEP-IETC設立30周年記念特別教室 第1弾「プラスチックごみを減らして守る、かけがえのない地球と動物のいのち」を開催します

2022年5月20日

ページ番号:567306

  大阪市は、令和4年6月4日(土曜日)に、プラスチックごみ削減と生物多様性保全に関する特別教室を天王寺動物園で開催します。
 この特別教室は、今年で設立30周年を迎える国連環境計画国際環境技術センター(UNEP-IETC)及び気候変動問題と生物多様性の保全を推進する天王寺動物園と共同で、令和4年(2022年)の環境の日のテーマ「かけがえのない地球」にちなみ開催するものです。
 当日は、持続可能な社会の実現のために一人一人が普段の暮らしの中でできることを考えるきっかけとしていただけるよう、UNEP-IETCから世界のごみ問題についてのお話を、天王寺動物園からごみ問題が動物に与える影響についてのお話と共に、大阪市内で行われているプラスチックごみ削減の活動を紹介します。

(注)環境の日とは、昭和47年(1972年)6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年(1993年))において6月5日を「環境の日」と定めています。

1 開催日時

令和4年6月4日(土曜日)
1回目:午後1時30分から午後2時10分まで(予定)
2回目:午後2時30分から午後3時10分まで(予定)

2 開催場所

天王寺動物園 TENNOJI ZOO MUSEUM だいしんワクワクホール(天王寺動物園内 大阪市天王寺区茶臼山町1-108

3 定員

各回60人
(注)当日、会場入り口にて、各回15分前から先着順で受付します。定員に達し次第、受付を終了します。

4 参加費用

無料
 ただし、天王寺動物園の入園料が必要です。
 詳しくは、天王寺動物園のホームページ(https://www.tennojizoo.jp/別ウィンドウで開く)をご確認ください。

5 プログラム(予定)

  • 知ってびっくり!環境問題とごみの真実!(UNEP-IETC スタッフ)
  • みんなのアクションで変わる、動物と自然(天王寺動物園 動物飼育専門員)
  • きれいな海を守るために取り組んでいる団体の紹介(大阪市環境局 職員)

特別教室ポスター

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

(参考)国連環境計画 国際環境技術センター(UNEP-IETC)について

 国連環境計画国際環境技術センター(UNEP-IETC)は、地球環境問題の解決に向け、平成4年(1992年)に大阪市が誘致した、大阪市内(鶴見緑地内)に存在する唯一の国連機関です。環境の保全と保護、特に、廃棄物管理を中心とする環境上適正な技術の普及や廃棄物の適正管理をすすめており、令和4年(2022年)に、設立30周年を迎えます。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 環境局環境施策部環境施策課都市間協力グループ

住所:〒545-8550 大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5番1号(あべのルシアス13階)

電話:06-6630-3262

ファックス:06-6630-3580

メール送信フォーム