ページの先頭です

契約管財局不動産鑑定業者選定委員会要領

2013年1月21日

ページ番号:200370

(目的)

1  この要領は、不動産鑑定業者選定委員会(以下「委員会」という。)の設置

  に伴い、その組織及び運営に関し必要な事項を定めることを目的とする。

 

(委員会の事務)

2  委員会は、次の事務の参考とするため不動産鑑定業者に鑑定評価等を求める場合に、不動産鑑定業者の選定について審議する。

ア 買収、売却、賃貸借及び交換

イ 評価基準等の作成

ウ その他委員長が必要と認める場合

 

(組織)

3  委員会は、委員長、副委員長及び委員若干名をもって組織する。

 (2) 委員長は、管財部長をもって充て、副委員長は用地部長をもって充てる。

 (3) 委員は、管財部及び用地部に所属する各課長をもって充てる。ただし、財産活用担当課長を除く。

 

(委員長の職務及び代理)

4  委員長は、委員会を代表し、会務を総括する。

(2) 委員長に事故があるときは、副委員長がその職務を代理する。

(3) 委員長、副委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長の指名する委員がその職務を代理する。

 

(招集)

5  委員会の会議は、委員長が随時招集する。

 

(会議)

6  委員長は、会議の議長になる。

 (2) 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

 (3) 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決定し、可否同数のときは、

   議長が決定する。

 (4) 委員は、自己が提案する議事の議決に参与することができない。

 

(書面決議)

7 緊急やむを得ない事情があり、委員長又は委員長不在時における職務代理

者が書面による議事の決定を必要と認めた場合は、委員全員が書面若しくは

電磁的記録により同意の意思表示を行ったときに委員会の決議があったもの

とみなす。

 

(代理人の出席)

8  各委員は、自己が会議に出席できない場合、委員長の承認を得て代理人を

  会議に出席させることができる。

 (2) 前号の代理人は、その委員と同一の権限を有する。

  

(関係者の出席)

9  委員長が必要と認めたときは、会議に関係者の出席を求め、その意見又は

  説明を聞くことができる。

  

(庶務)

10  委員会の庶務は、管財部管財課において処理する。

 

(雑則)

11 この要領の施行について必要な事項は、委員長が定める。

  

(附則)

この要領は、平成19年4月12日から施行する。

一部改正、平成25年4月1日

一部改正、平成28年11月2日

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 契約管財局管財部管財課管財グループ

住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1丁目4番5号(大阪産業創造館8階)

電話:06-6484-5156

ファックス:06-6484-7990

メール送信フォーム