ページの先頭です

平成30年度 第175回 大阪市入札等監視委員会<第2部>(会議の概要)

2019年4月16日

ページ番号:467790

開催日時

平成31年3月14日(木曜日) 午後3時30分から

開催場所

大阪市契約管財局会議室

出席委員

堀之内孝一委員長、鹿間孝一委員、滋野由紀子委員、大𡌛敢委員

議題及び議事要旨

(1) 議題1 平成31年度入札契約事務コンプライアンス・アクションプラン(案)について

事務局から資料に基づき報告を行った。

(ア)議事要旨

委 員: ここまでの対策を講じながら、こういう事件が起きるのは、人間の弱さだとは思う。これ以上どうするのかということになるが、思いつく限りのことはやっていると思う。こういう事件を根絶するのは難しいのかもしれないが、限りなくゼロを目指して頑張ってほしい。

委 員: アクションプランとして、細部に至るまで、いろんな取組みをしていると思うが、こういうものはもっとシンプルでもいいのかなとも思う。もう少し項目を少なくして、これだけは常に徹底して、頭において忘れるなというように、解りやすい方がいいのではないかとも思うが、この取組みを職員の皆さんにどう徹底してもらうかが次にやるべきことだと思う。このアクションプランは目的を達成するための手段であるが、ともすれば目的よりも手段が大事になってしまい、手段が目的化してしまうことはよくあるので、そこを履き違えないようにしてほしい。なぜこんなものを作って、守っていかなければならないのかということを、解りやすく周知徹底してほしい。

委 員: 今回のことで市民の疑惑の念というのは大きくなっていると思う。それを無くすためにも、これだけ取組んでいるということを、市民に対してアピールしていくことも大切なのではないか。

 

  (イ)委員長からの指摘・意見

    アクションプランの「おわりに」にあるように、入札契約に関する不祥事がこれ以上繰り返されることのないよう、本アクションプランの取組み内容の周知を徹底して、組織全体で取り組み内容を理解し、実効性を高めていくとともに、「疑惑や不信を招くような行為は絶対にしない」ということを職員一人ひとりが肝に銘じて行動すること、これに尽きると思う。今後ともしっかり取り組んでいただきたい。

 

(2)議題2 入札契約制度改正について

入札契約制度改正について、事務局から資料に基づき報告し、審議した。

   ア 大阪市週休2日モデル工事実施要領の制定について

   イ 大阪市発注工事における総合評価落札方式の本格実施について

   ウ 共同企業体運用基準における構成員数等の取扱いについて

 

(3)その他

事務局から資料に基づき報告した。

 ア 総合評価落札方式を適用する諸設備工事の請負契約における「価格による失格基準」算定について

 イ 配水管工事における事後審査型制限付一般競争入札(実績申告型)における入札参加資格及び評価項目の見直しについて

 ウ 技能労働者への適切な賃金水準の確保の取組みについて

 エ 大阪市契約事務審査会運用指針の改正について

 オ 大阪市入札契約制度改善検討委員会技術部会検討報告(現場力の向上に向けて)

会議資料

((3)(4)については公表しない。)

(1) 平成31年度入札契約事務コンプライアンス・アクションプランについて(案)概要版

(2) 平成31年度入札契約事務コンプライアンス・アクションプラン(案)

(3) 入札契約制度の改正について

(4) 別冊

会議資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 契約管財局 不正入札監察室

住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1丁目4番5号(大阪産業創造館9階)

電話:06-6484-7930

ファックス:06-6484-7990

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示