ページの先頭です

2019年G20大阪サミットが開催されました

2020年3月24日

ページ番号:432150

 日本初開催となるG20サミット(金融・世界経済に関する首脳会合)が、2019年6月28日(金曜日)、29日(土曜日)にインテックス大阪別ウィンドウで開く(大阪市住之江区)において開催されました。

 住民・事業者の皆さまの多大なご理解・ご協力により、難しいと思われた交通総量抑制の目標も達成することができ、大きな混乱もなく安全・安心に世界最高峰の国際会議を開催することができました。

 サミットの開催を通じて大阪の知名度や都市格が向上し、大阪・関西の食や文化、産業技術等を世界各国にアピールするとともに、「G20大阪首脳宣言」をはじめ、「大阪トラック」の立ち上げ宣言や「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」の共有など、「OSAKA」が世界の課題解決に向けた発信地として歴史に刻まれました。

 このサミットの成功を「2025年日本国際博覧会」別ウィンドウで開くにもつなげてまいります。

首脳集合写真

首脳集合写真(注)
(2019年6月28日)

首脳会議

首脳会議(注)
(2019年6月28日)

夕食会集合写真

夕食会集合写真(注)
(2019年6月28日)

サミット会場一般公開

サミット会場一般公開
(2019年7月2日)

(注)外務省ホームページから引用

G20大阪サミットの概要

 G20サミット(金融・国際経済に関する首脳会合)は、G20メンバー国や招待国の首脳、国際機関などが参加し、経済分野を主要議題として毎年開催される国際会議です。

 2019年は日本が初の議長国となり、6月28日(金曜日)、29日(土曜日)に大阪で開催され、37の国と国際機関が参加する、日本がこれまで経験したことのない大規模な国際会議となりました。

 このサミットでは、世界経済、貿易と投資、イノベーション、グローバル金融、労働及び雇用、女性のエンパワーメント、観光、農業、開発、国際保健、気候変動、エネルギー、環境、避難と移住等、幅広い議論が行われました。

G20大阪サミットへの参加国・国際機関

G20メンバー国

 G20メンバー国として、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ共和国、ロシア、サウジアラビア、トルコ、イギリス、アメリカの19カ国と欧州連合(EU)が参加しました。

招待国・国際機関

 招待国として、オランダ、シンガポール、スペイン、ベトナム、タイ(ASEAN議長国)、エジプト(AU議長国)、チリ(APEC議長国)、セネガル(NEPAD議長国)の8カ国が参加しました。

 また、招待国際機関として、国際連合(UN)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行(WBG)、世界貿易機関(WTO)、国際労働機関(ILO)、金融安定理事会(FSB)、経済協力開発機構(OECD)、アジア開発銀行(ADB)、世界保健機関(WHO)の9の国際機関が参加しました。

2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会について

 G20大阪サミットの成功のため、オール大阪・オール関西一丸になって、国内外から来訪される皆さまをあたたかくお迎えするため、大阪府・大阪市・関西広域連合・経済界等により、2018年3月6日に「2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会」が設立されました。

 この協議会は、G20サミットの成功と、世界に向けた大阪・関西の魅力発信と存在感の向上、大阪・関西の発展に向け、「会議の開催支援」、「住民・事業者への周知」、「大阪・関西のPR」の取組みを実施しました。

 サミット期間中には、この協議会がサミット会場内に設置しました「大阪・関西魅力発信スペース」において、延べ約6,700人の国内外の報道関係者にご来場いただき、大阪の食や文化、産業技術などを世界中のメディアやSNSなどで発信していただくことができました。

 「2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会」公式ホームページは、2019年8月末をもちまして公開を終了しましたが、国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)別ウィンドウで開くのサイト内にアーカイブとして公開されています。下記のバナーをクリックしてください。

  • アーカイブページ

G20大阪サミット2019 公式記録誌

 2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会では、2019年10月29日に 「G20大阪サミット2019 公式記録誌」を刊行しました。

 この記録誌では、サミットの誘致から開催までのオール大阪での取組やそれらの関連資料を取りまとめて掲載しています。

 こちらのページにおいてデジタルブック(電子書籍、下記の表紙画像をクリック)より閲覧いただけます。

デジタルブックの使い方はこちら

G20大阪サミット2019公式記録誌

 この記録誌のPDF分割版は大阪府ホームページ別ウィンドウで開くより閲覧いただけます。また、大阪市立図書館においても、配架しています。なお、販売及び一般配付は行っておりません。

関係先リンク

(参考)施策プロセスの見える化(施策カルテ)

 大阪市では、施策の概要やそのきっかけ、また、どこまで進んでいるかなどについて簡潔にまとめた「施策カルテ」を作成し、公開しています。

 「2019年G20大阪サミットの開催支援」に関する施策カルテはこちらをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局立地交流推進部立地推進担当立地推進担当

住所:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2‐1‐10  ATCビル ITM棟 4階 M-4

電話:06-6615-6765

ファックス:06-6615-7433

メール送信フォーム