ページの先頭です

2019年G20大阪サミットがインテックス大阪において開催されました

2019年9月6日

ページ番号:432150

G20大阪サミット6月28日、29日インテックス大阪にて開催

 G20大阪サミットは無事全ての日程を終えました。皆さまのご理解、ご協力に心より感謝申しあげます。

 なお、「2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会」公式ホームページは、2019年8月末をもちまして公開を終了しました。国立国会図書館が収集・保存した過去のウェブサイト(アーカイブ)別ウィンドウで開くをご参照ください。

 また、その他のG20大阪サミットに関する情報はこちらのページのほか、大阪府政策企画部サミット協力室のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

最新情報

G20サミットの開催により大阪・関西が得られたもの

 日本初開催となる2019年G20サミット首脳会議(G20大阪サミット)が、2019年6月28日(金曜日)、29日(土曜日)にインテックス大阪で開催されました。

 交通総量抑制の目標達成をはじめとした、最高のおもてなしの提供に向け、大阪・関西が一丸となりました結果、世界最高峰の国際会議を安全かつ安心して開催できる都市であることを世界へアピールすることができました。

 今回のサミットでは、「大阪トラック」の立ち上げ宣言や「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」が全世界に発信されました。また、大阪府、大阪市、関西広域連合、経済界等の参画を得て設立した「2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会」別ウィンドウで開くが会場内に設置しました「大阪・関西魅力発信スペース」別ウィンドウで開くには、延べ約6,700人の国内外の報道関係者にご来場いただき、世界中のメディアやSNSなど、ありとあらゆる場面で”大阪・関西”の名前が発信されました。

 さらに、大阪の食や文化、高いホスピタリティへの高評価が世界中を走り巡るなど、大阪にとって、計り知れない大きな成果をもたらしました。このサミットの成功を「2025年大阪・関西万博」別ウィンドウで開くにもつなげてまいります。

(以下、開催時点の内容を記載しています。)

G20大阪サミットの概要

 G20サミットとは、メンバー国や招待国の首脳、国際機関(下記参照)など、国や機関が参加し、経済分野を主要議題として毎年開催される国際会議です。2019年は日本が議長国となり、大阪で開催されます。日本がこれまで経験したことのない大規模な国際会議となります。

 G20大阪サミットにおけるメンバー国は、G7(フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ・欧州連合〔EU〕)のほか、アルゼンチン・オーストラリア・ブラジル・中国・インド・インドネシア・メキシコ・韓国・ロシア・サウジアラビア・南アフリカ・トルコ(アルファベット順)となっています。

 また、G20大阪サミットにおける招待国・国際機関は、オランダ、シンガポール、スペイン、ベトナム、ASEAN議長国(タイ)、AU議長国(エジプト)、チリ(APEC議長国)、セネガル(NEPAD議長国)、国連(UN)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関(WTO)、国際労働機関(ILO)、金融安定理事会(FSB)、経済協力開発機構(OECD)、アジア開発銀行(ADB)、世界保健機関(WHO)(順不同)となっています。

 近年取りあげられる議題として、世界経済、貿易・投資、開発、気候・エネルギー、雇用、テロ対策、移民・難民問題等があります。

G20サミット開催で大阪・関西がめざすもの


「世界に貢献する大阪・関西」、「安全・安心なまち大阪・関西」を世界に発信

  • ライフサイエンス分野やものづくりなど、大阪・関西の強みを発信します。
  • 万全の警備のもと、安全・安心な会議環境を確保することで、「安全・安心なまち大阪・関西」を発信します。

MICEの戦略的誘致の推進

  • G20大阪サミットの開催を契機に、戦略的にMICEを誘致し、大阪経済のさらなる活性化や都市魅力の向上を図ります。

大阪・関西の知名度・都市格の向上

  • 国際政治を間近に感じ、国際都市大阪として成長します。
  • 世界に存在感をアピールし、2025日本万国博覧会の誘致につなげます。

地域経済の活性化

  • G20各国代表団、国内外報道関係者、日本政府関係者、警備関係者、支援事業者など、約3万人の方々が大阪・関西を訪れることとなり、高い経済効果が期待されます。

オール大阪・関西での”おもてなし”

 G20サミット成功には、会場周辺の皆さまをはじめ、オール大阪・オール関西一丸となって、国内外から来訪されるお客さまをあたたかくお迎えすることが不可欠です。皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

 開催期間中は、G20各国代表団、国内外報道関係者、日本政府関係者、警備関係者、支援事業者など、約3万人の方々が大阪を訪れることが想定されています。

 開催会場はインテックス大阪(大阪市住之江区)別ウィンドウで開くが予定されています。交通規制等の影響により、会場周辺はもとより、広範な地域の皆さまにご不便をおかけすることが予想されます。ご理解・ご協力をお願いいたします。

2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会について

関係先リンク

(参考)施策プロセスの見える化(施策カルテ)

 大阪市では、施策の概要やそのきっかけ、また、どこまで進んでいるかなどについて簡潔にまとめた「施策カルテ」を作成し、公開しています。

 「2019年G20大阪サミットの開催支援」に関する施策カルテはこちらをご覧ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 経済戦略局立地交流推進部サミット協力室

住所:〒559-8555 大阪市住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎34階

電話:06-6210-9400

ファックス:06-6210-9337

メール送信フォーム